塾と部活を両立させるためのポイント【中高生必見】

部活を両立させるためのポイント部活を両立させるためのポイント

こんにちは~!KOOMと申します!

今回のテーマは塾と部活の両立です。

多くの中学生、高校生が部活動をしながら塾に通っていることと思います。

しかし、こんなこと思ったことありませんか?

悩む人
悩む人

部活から帰ってきたら塾どころじゃない…

悩む人
悩む人

これ、忙しすぎない?

ただでさえ夜遅くまで部活動をしているのにそこから塾に行かなければならないのは本当にハードだと思います。

しかし、最初にいっておくと塾と部活の両立は可能で、実際にできている人がたくさんいます

そこで、今回は実際に何人かの塾の生徒に聞いた塾と部活を両立させるためのポイントを紹介していこうと思います。

勉強と部活の両立とは少し違うこともあるのでぜひ最後までご覧ください。

もし今、塾に入ろうか迷っているが両立できるか不安という人はこれらのポイントをおさえて判断してみるのが良いと思います。

本記事を最後まで読むと

  • 塾と部活の両立のポイントが分かります
  • 実際の塾生の例を知ることができます
  • 塾に対する不安が軽減されます

そのテーマに対する自分の経歴

自分は中学生の時は週2の塾に行っていましたが、部活がない日に入れていたので特に両立に関して悩んだことはありませんでした。

また、高校生は塾に行っていないので今回紹介するポイントはすべて、講師をしている塾に通っている生徒から聞いてきたものばかりです。

リアルな声を聞くことができたので、ぜひ参考にしてみてください。

それでは早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

塾と部活を両立させるためのポイント

塾と部活の両立の導入画像

ここからは両立のための6つのポイントを紹介していきたいと思います。

塾選びのポイントから実際に通塾する際のことまであるのでぜひ参考にしてみてください。

両立するための6つのポイントがこちら

  1. 学校から近い塾に入る
  2. 自宅から近い塾に入る
  3. 時間調整がしやすい塾を選ぶ
  4. 部活がない日に授業を入れる
  5. ゆとりを持ったスケジュールを
  6. 塾の先生と約束をする

順に解説していきたいと思います。

学校から近い塾に入る

まず、塾選びのポイントとして、立地に関する事があります。

次に紹介するポイントとどちらを重視するかによりますが、学校から近い塾に入ることが両立のための1つのポイントです。

学校から近い塾に入ることで放課後や部活終了後にそのまま塾に行くことができるというメリットがあります。

部活と塾の両立が難しい理由の1つとして、家に帰って塾に行く気がでないというのがあると思います。

学校から近い塾に通うことで半強制的に塾に顔を出すことになるので自然と両立できることになるのです。

実際の生徒の意見としては

少年
少年

家帰ったら絶対寝るからさ…

少女
少女

テスト期間とかそのまま行けるのが良い

このようなことをいっていたので1つの良いポイントになると思います。

学校から近い塾に行くことで半強制的な両立が可能になる。

自宅から近い塾に入る

1つ目のポイントとどちらを選ぶかはお好み次第ですが、自宅から近い塾に入ることもオススメの塾選びのポイントです。

自分が講師をしている塾はほとんどの人が自宅からの距離を元に選んだといっていました。

自宅から近いことで

・部活が終わってから一息つける
・ご飯を済ませてから来ることができる
・直前まで寝ていても間に合う

など、時間的なメリットがかなり多く、両立をしやすいと思います。

実際の生徒の意見としては

少年
少年

友達から連絡が来てからでも間に合うのがいい

少女
少女

さっき部活から帰ってきたけど間に合った~

といった声をよく聞きます。

生徒によっては毎週のようにこの台詞を言っている人もいるくらいです(笑)

時間の面を考慮すると、自宅から近い塾に通うことで両立がしやすくなるのは確かだと思います。

両立の鍵は時間が握っている。家から近いと無駄な時間がなくなる。

 

時間調整がしやすい塾を選ぶ

 

部活がかなり忙しい人や部活の日程がしっかりと決まっていない人はどうしても塾に行けない日が出てきてしまう人がいると思います。

そんなときに振り替えという制度があるかどうかを塾選びの際の判断基準にすることをオススメします。

悩む人
悩む人

大会前は部活が長引くから行けないよ…

そんなときにその分を大会後の移すことができたり、他の曜日に振り替えることができれば塾にも部活にも打ち込むことができます。

実際に自分が実際に講師をしている塾では、多くの生徒が振り替えの制度を使っています。

・テストが迫っているとき
・部活の大会で塾に行けないとき
・私情で塾に行けないとき
悩む人
悩む人

この日は塾に行けないかも…

そう思ったときに振り替えの制度があるかどうかでかなり両立のしやすさは変わってくるので是非覚えておいてください。

時間調整しやすい塾ほど両立しやすい。
スポンサーリンク

部活がない日に授業を入れる

ここからは実際に通塾する際のポイントを紹介していきます。

まずは、部活のスケジュールとあった日に塾に行くようにするということです。

これは、ポイントというまでもない当たり前なことにはなると思いますが、なるべく部活がOFFの日に塾に行くようにするべきです。

少年
少年

OFFの日くらい遊びたいよ…

その気持ちは分かりますが、両立させる上ではOFFの日に塾に来た方が確実にしやすいです

部活が終わってクタクタな状態で塾に来るか元気な状態で来るかは勉強効率も大きく変わってくるので、なるべくOFFの日に通塾するようにするといいと思います。

通塾するなら部活のOFFを利用しよう。

ゆとりを持ったスケジュールを

塾の授業を入れる際にはこの2つに注意して入れるようにしてみてください。

  • 週間のスケジュール
  • 通塾日のスケジュール

まず、1週間で過剰なコマ数とることのないように気をつけましょう

たまに講習期間に週4で塾に来ている人を見かけますが、かなり辛そうでとても両立しやすい状況とは思えません。

自分の部活の予定と照らし合わせて自分にこなせる量のコマ数をとるようにするべきだと思います。

そして2つ目は通塾日のスケジュールです。

やむを得ない場合を除いて、部活から帰宅後すぐに塾に行くことは避けた方が良いと思います。

少年
少年

1時間前はまだ部活していたよ!

少女
少女

さっき帰ってきて家から飛び出してきた!

このような人はいつかパンクしてしまう危険性があるのでなるべくゆとりを持ったスケジュールを立てるようにしましょう

両立の鍵は時間にあると言っても過言ではありません。

無理のない範囲でスケジュールを立てましょう!

長続きするスケジュールを立ててコツコツ実行していこう。

塾の先生と約束をする

最後に紹介するのは実際に自分が生徒と共同で取り組んで良い成果を上げられているものです。

自分はある生徒とこんな約束をしています。

筆者
筆者

塾が開いている日は毎日来て先生の顔を見に来るように。

彼は夜の八時くらいに部活から帰ってきてなかなか勉強時間を確保できていなくて悩んでいました。

そこで体調が悪くない限りは、塾まできて自分の顔を見に来るという約束をすることにしました。

そのような約束をすることによって

少年
少年

せっかく塾に来たことだし、勉強するか!

という気持ちにさせるという狙いがあります。

このように塾に毎日いる人と約束をしてそれを毎日守るようにすることで両立しやすくなります。

そして、この約束をする際のポイントは達成しやすい約束にするということです。

少年
少年

塾に来て数学を5題解くまで帰らない

このような約束はハードル高いため、あまり長くは続かないと思います。

少年
少年

先生に挨拶に行く!

これくらいの目標にしてせっかくだから勉強していくかくらいの気持ちで良いと思います。

個人的にかなりオススメの方法なので是非参考にしてみてください。

塾にいる誰かと約束をすると両立はかなり簡単になる。
スポンサーリンク

塾と部活の両立・まとめ

今回は塾と部活を両立させるための6つのポイントについて解説しましたがいかがだったでしょうか。

勉強と部活の両立は学生の永遠のテーマですが、塾と部活の両立も塾生にとっては永遠のテーマだと思います。

今回紹介したポイントはすべて生徒たちの生の声を元にしています。

是非塾選び、通塾の際の参考にしてみてください。

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

塾・通信教材

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました