高校生が塾に通うことによるメリットとデメリットを徹底解説

高校生が塾に入るメリット

こんにちは~!KOOMと申します!

今回のテーマは高校生が塾に通うことによるメリットとデメリットについてです。

最初にいっておくと塾に行くメリットとデメリットは表裏一体なので自分がどちらを得られるかを考える事が非常に重要です。

高校生は中学生と比べて、

  • 勉強に充てる時間が確保しづらい
  • 日々の小テストで忙しい
  • 週末には課題の山

 

といったように、勉強をうまく進めていくことが難しくなります。

そんなときに1つの案として塾に通って勉強するというものがあります。

しかし、塾に通うことで得られるのはメリットばかりではありません。

今回は、塾に通うことでどのようなメリットがあり、逆にどのようなデメリットも生じてきてしまうのかを解説していこうと思います。

どちらの面も考慮した上で自らの学習に塾が必要なのかどうかを判断してください!

本記事を最後まで読むと

  • 塾に通うことで得られるメリットが分かります
  • どのようなデメリットが生じるのかが分かります
  • 塾に行くかどうかの判断基準を得られます

そのテーマに対する自分の経歴

自分は中学生の時に英語の個人塾に行っていましたが、それ以外は塾に通ったことがありません。

周りの人たちが塾に入り始めるタイミングに自分も色々考えた結果、入らないという判断を下してきました。

今回は自分が塾に入らないという決断を下した理由も交えて説明していきたいと思います。

また、周りの塾に通っていた人たちの意見も踏まえてメリットとデメリットを両方解説していきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

高校生が塾にいくことによる4つのメリットと4つのデメリット

ここからはメリットとデメリットに分けて順に解説していきます。

メリットでもありデメリットでもある部分があるので自分にとってどちらになるのかを照らし合わせながら見ていってください。

塾に行くメリット

高校生が塾に行くことによるメリットは以下の4つです。

  1. 学習時間が確保される
  2. 分からないところを質問できる
  3. 進路指導が手厚くなる
  4. 教材が提供される

順に解説していこうと思います。

学習時間が確保される

塾に行く事で得られる一番のメリットは学習時間が確保できるということだと思います。

少女
少女

塾に行きたい!塾に行かせて!!

このように自分から塾に行きたがる人は少ないのではないでしょうか。

塾に入る大体の理由は親が勉強しない子のことを心配し、学習時間を確保させるためだと思います。

塾に行くことで部活から帰ってきてだらだら過ごす生活ではなくなり、ある程度の学習時間は強制的に確保されます。

・普段遊んでばかりの人
・勉強する時間が全くとれない人

このような特徴がある人は塾に通うことでメリットを得られると思います。

また、塾で学習することによって学校に後れをとるということが少なくなります

日々の学習の予習や復習をメインで行うので学習の理解度は上がることになります。

塾に通えば勉強時間を強制的に確保できる。

分からないところを質問できる

自分が講師をしている塾では高校生は基本的に日々の課題に取り組んでいます。

そして分からないところがあったら質問するスタイルで授業が展開されています。

生徒によっては学校で分からなかったところを覚えておいて塾の授業中に質問してくれる人もいます。

悩む人
悩む人

学校の先生には質問しづらいんだよね…

塾の生徒たちがよく言っている言葉です。

塾に通うことでいつでも気軽に質問できる環境が用意されるというメリットがあると思います。

また、塾によっては自習室が用意されていてそこで勉強する際にも質問がし放題になっているところもあります。

塾で勉強する癖をつければ即座に質問対応してくれるのも魅力的な部分ですね。

塾に行けば分からないところを即座に解決できる。

進路指導が手厚くなる

高校生を指導している塾は基本的に進路指導をしてくれるところが多いと思います。

悩む人
悩む人

学校の進路指導だけだと不安…

悩む人
悩む人

どのレベルの問題を塾で解けば良いんだろう…

このような悩みを抱えている人は塾に入ることで手厚い進路指導を受けることができます

学校では個別に進路指導するものの実際の授業は皆同じものを受けることになるので、なかなか進路にあったピンポイントの対策をすることは難しいです。

しかし、塾では一人一人に合った授業が展開されているため、進路にあったカリキュラムで授業を進めてくれます。

塾に通うことで

・進路指導が二重になる
・ピンポイントの対策が可能

このような進路に関するメリットが生じてくることになります。

学校と塾の二重進路指導。かなり心強いです。

教材が提供される

これは特に受験生に関する話ですが、自分で勉強をしたいときに何を進めていけば良いのか分からなくなることがあると思います。

そんなときに塾に通っていれば受験用の問題集を提供してくれるので教材選びに困ることはありません

先生
先生

これさえやっておけば、確実に合格できるぞ!!

このような教材はありませんが、塾にはそれまでの実績があることは確かです。

実際に合格した人が使っていた参考書や問題集を元に最適な教材を用意してくれます。

自分は受験生時代に、塾に行っている友達から問題集を借りたことがありますが、とても良い問題がたくさん入っていました。

筆者
筆者

これ、本番にでそうだな…

そう思いながらよくメモらせていただいていましたね(笑)

それくらい良問が詰まった素晴らしい問題集を作っているので塾に通って取得するのも良いかもしれません。

塾に通えば教材選びに迷うことがなくなる。
スポンサーリンク

塾に行くデメリット

ここからは塾に行くことによって生じてくるあまり良くない点を紹介していこうと思います。

ここで紹介するデメリットは基本的に自分が塾に入ろうと思わなかった理由に基づいているのでぜひ参考にしてみてください。

自分が考える塾に行くことのデメリットは以下の4つです。

  1. お金がかかる
  2. 自分の計画を実行しづらい
  3. 時間的拘束が大きい
  4. 成績が上がるとは限らない

順に解説していこうと思います。

お金がかかる

受験生時代にはあまり意識したことがなかったですが、高校生の塾にかかる費用はとにかく高いです

詳しい塾の料金についてはこちらを参照してください。

これを見ると年に数十万~百万ほど塾の料金がかかることになります。

また、塾によっては長期休暇の講習がある度に別途料金が発生することもあります。

塾に行くことでかなりのお金がかかってしまうのは事実だと思います。

ちなみに、国公立大学の学費が大体数十万なので大学の学費級にお金がかかってしまうということになりますね。

大学の学費についてはこちらを参照してください。

とにかく、コストの面でのデメリットは避けられないのかなと思います。

塾に通うにはお金の問題が付いてくる

自分の計画を実行しづらい

自分自身が塾に入らなかった大きな理由は自分の計画を実行しづらいからです。

自分は勉強に関する才能は全くありませんでしたが、自分を分析して計画を立てることは結構得意でした。

  • 自分に必要な勉強量
  • 自分に合った教材選び
  • 自分が勉強するべき教科の選定

このあたりのことはすべて自分で行いたかったので、塾に縛られるのはデメリットと考えていました。

塾に行くことで

・勉強する時間が決められる
・教材を決められる
・勉強する教科を固定される

といったように自分で立てた計画通りに実行するのが困難になります。

これはメリットにもデメリットにもなり得る部分なので自分がどちらを受けることができるかをよく考えて判断してみてください。

勉強計画の立て方についてはこちらで詳しく解説しています。

実際のテンプレートなども示しているのでぜひ参考にしてみてください。

自身で計画を立てられる場合は塾は必要ないかもしれない。

時間的拘束が大きい

自分は高校生の時に、基本的に週6~7で部活をしており、平日は夜の7時まで活動することが多かったです。

自分の場合はそこから自転車で家に帰ってクタクタで寝てしまう事が多かったのですが、多くの同級生はそれから歩いて塾に行き、勉強してから帰る生活をしていました。

正直に言って、自分にはあの生活はどうしても耐えられそうになかったです。

・決まった時間に塾に行く
・決められた時間勉強する
・決まった時間に帰ることができる

本来、塾に行くことによって得られるメリットである部分がどうしてもデメリットにしか思えなかったので塾に入ることはありませんでした。

少年
少年

それくらいしないと勉強しないもん…

少女
少女

家に帰ってだらだらするよりは良いでしょ…

このような意見に対しては全くその通りだと思います。

自分自身も勉強時間をほぼ確保できていなかったので強制的に確保するべきだったとは思います。

しかし、当時の自分はどうせ勉強するなら自分のペースでやっていこうと思っていたので時間的拘束を避けていました。

時間的拘束はメリットにもデメリットにもなり得る要素なので自分にどちらの影響が大きいかを考えて判断してみるのが良いと思います。

塾に通うことで良い意味でも悪い意味でも時間的拘束が生まれる。

成績が上がるとは限らない

最後に結構大切な話をします。

先生
先生

塾に行けば成績が上がる

これは大きな誤解です。

少年
少年

そんなこと分かってる。自分次第でしょ。

全くもってその通りです。

成績が上がらないのは自分が悪いと分かっていても、無意識に塾のせいだと思っている人がかなり多い印象を持っています。

確かに塾に行くと

  • 勉強時間の確保
  • 適切な教材
  • いつでも質問できる環境

 

このような素晴らしい面がたくさんありますが、それらをフル活用した上で自分が全力で頑張らないと成績は上がりません

逆に言えば自分が努力さえすれば塾に行っても行かなくても成績は必ず上がります

自分のことは自分でしか決められないといいますが、勉強に関しても同じ事が言えます。

どちらの選択肢を選んだとしても頑張るということは常に続けていきましょう!

最終的には自分が頑張るかどうか。全力で頑張っていこう!
スポンサーリンク

高校生が塾にいくメリットとデメリット・まとめ

今回は高校生が塾にいくメリット4つとデメリット4つを紹介しましたがいかがだったでしょうか。

塾に行くことでメリットを得られるかデメリットが得られるかは自分次第です

自分にとって必要かどうかをよく考えて判断し、その環境で頑張ることがとても大切になってきます。

今回紹介した内容はあくまでも個人的な一例です。

メリット、デメリットをどちらも知った上で最高の判断を下してください!

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

塾・通信教材

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました