高校英語の勉強にオススメの4つの単語帳と11個の参考書を厳選【2021年版】

高校英語のオススメ単語帳と参考書のアイキャッチ
スポンサーリンク

 

今までにこのような悩みを抱えたことがある人はいませんか?

悩む人
悩む人

英単語帳って結局どれが良いの?

悩む人
悩む人

英語の問題集はどれ選んでも良いのかな?

今回の記事ではこのような疑問に対する提案をしていきたいと思います。

最初にいっておきます。

英語の単語帳や問題集はそこまでこだわる必要はありません。
理由はとにかく慣れが必要で量をこなす必要があるからです。

今回紹介する参考書はすべて

  • 自分が実際に使ってきたもの
  • 学校の先生がオススメしていたもの
  • 友人が使っているのを見たことがあるもの

これらのどれかに当てはまるので、間違いない参考書選びをしたい方は最後までご覧ください。

本記事を読むと

  • 英単語帳選びに迷いがなくなります
  • 文法、長文対策に困ることがなくなります
  • 英語力が上がる教材が分かります
筆者
筆者

最高の教材を使って英語力を爆伸びさせていきましょう!

スポンサーリンク

高校英語の勉強にオススメの単語帳と目的別参考書

高校英語のオススメ単語帳と参考書の導入画像

ここからは英語の参考書を4つのジャンルに分けて紹介していきたいと思います。

  1. 単語
  2. 文法
  3. 長文読解
  4. 英作

それぞれの参考書の特徴を簡単に説明していくので、気になったものがあったら是非チェックしてみてください。

高校英語・単語編

まずは、英語学習の基礎になる英単語を勉強するための教材です。

最初にいっておくと、単語を覚える上では単語帳の浮気をしないというのがとても大切です。

少年
少年

でも、単語帳によって掲載されている単語が違うじゃん…

このような不安がある気持ちはとても分かります。

しかし、自分が持っている一冊を信じてやりきることが大切なので単語帳は多くても2冊までで良いと思います。

そのような前提の元、紹介するのはこちらの4つです。

  1. システム英単語
  2. 英単語ターゲット
  3. データベース4500
  4. 東大英単語熟語鉄壁

それぞれ簡単に紹介していきます。

システム英単語

通称:シス単であるこの単語帳は自分自身もずっと使っていましたし、英単語帳の中でもトップクラスに有名なものだと思います。

覚えやすい、覚えにくいには個人差があるので一概には言えませんが、全国で使われている率が高いので迷ったらシス単を選ぶのが良いと思います。

中身は単語がレベル分けされていて、自分の志望校のレベルにあった英単語を勉強することができるのでかなりオススメできます。

英単語ターゲット

個人的に使われている率でいうとシス単との2強だと思っているのがこのターゲットです。

他校の友人がかなり使ってたのもあってよく借りていましたが、基本的にはシス単とあまり変わりませんでした。

強いていうならターゲットの方が個人的にレイアウトが見づらかった印象はあります。

しかし、単語自体の差はあまりなく、どちらを選ぶかは好みの問題だと思います。

中身はシス単同様レベル分けされているので、かなり学習しやすい単語帳だと思います!

データベース4500

身近に使っている人はあまりいませんでしたが、大学受験用の単語帳の中ではかなり有名なのがデータベースシリーズの4500です。

データベースシリーズは四種類ありますが、基本的に大学受験用としては4500が適していると思います。

目指すレベルとしては、国公立大・私立大学を志望しているレベルで高校必須の単語から少しレベルの高い単語まで幅広く掲載されています。

1つ注意点として、中身が難易度順ではなくテーマによる分類なので簡単なものからコツコツ進めていきたい人には合わないかもしれません。

ジャンルごとに覚えるのが好きな人にはもってこいの英単語帳だと思います!

東大英単語熟語鉄壁

難関大を目指す人にはマストと言われている最高級の単語帳。通称:鉄壁。

特徴を簡単にまとめると

  • 分厚い
  • 難しい
  • 格好良い

自分は持っていなかったのですが、同じ高校のトップ層の人がいつも読んでいるのを見て唖然としたのを覚えています。

少年
少年

その特徴なら必要なくない??

自分も正直ずっとそう思っていたのですが、中を開くと表紙からは想像できないほどイラストなどが差し込まれていてかなり見やすかったです。

少年
少年

学びきったときの爆発力がほしい

少女
少女

単語のコアの意味を身に付けたい

難関大志望者だけではなくこのような志がある人にはもってこいな1冊です。

高校英語・文法編

次に文法力を鍛えるものを3つ紹介していきます。

  1. 大岩のいちばんはじめの英文法
  2. ネクステージ
  3. 英文法ファイナル問題集

それぞれ簡単に説明していきます。

大岩のいちばんはじめの英文法

英文法を学習するメイン教材は次に紹介するネクステージと英文法ファイナル問題集で十分だと思います。

しかし、この2つはある程度基礎が固まっていない人にはあまり向きません。

そんな時にオススメできるのが大岩のいちばんはじめの英文法です。

大岩のいちばんはじめの英文法は、英文法の基礎中の基礎を固めるものになっています。

悩む人
悩む人

教科書読んでも分からないよ

悩む人
悩む人

授業聞いてても意味が分からない…

そんな人はとにかくこれを手に取ってみてください。

どんな英語の教科書よりも簡単に詳しく解説してあるので英語の苦手意識が払拭されると思います

ここをしっかり固めた後に次に紹介する2つに移るようにすると良いと思います!

ネクステージ

ネクステージは受験生に一番使われているといっても過言ではない問題集です。

これ1冊で

  • 文法・語彙
  • イディオム
  • 会話表現
  • 単語・語彙
  • アクセント

といったようにかなり幅広い範囲を網羅することができます。

大体の人が学校で何かしらの文法書を買っていると思うので、分からないところがあったらそれを見つつ解き進めていくと良いと思います。

この1冊を完璧にすれば、難関大レベルの問題にもふれることができるので是非利用してみてください。

英文法ファイナル問題集

先ほど紹介したネクステージと文法用問題集の2強となっているのがこの英文法ファイナル問題集です。

ランダム形式で様々なテーマが出題されるので、演習をしていく用になります。

個人的なオススメとしてはネクステージで文法事項を理解してファイナル問題集でどんどん演習を積み重ねていくのが良いと思います。

この一冊を完成させると共通テストレベルから難関私立レベルまでの問題を網羅できるので、間違えた問題を何周も解いていくとかなりの文法力が付く問題集です。



高校英語・長文編

次に、長文読解力を鍛える問題集を紹介していきます。

個人的な考えでは、長文の問題集は一定の条件を満たしていればどれを選んでも良いと思います。

その一定の条件は以下の通り

  • 適切な単語数
  • 適切な注釈量
  • 適切なテーマ

自分の志望校の過去問を見て、どのような単語数、注釈量、テーマの長文が出題されているかを把握してそれに合った問題集を選ぶのが何よりも大切です。

個人的にオススメできる4つの長文用教材はこちら

  1. パラグラフリーディングのストラテジー
  2. やっておきたい英語長文
  3. 大学の過去問
  4. 難関大英語長文

それぞれ簡単に紹介していきます。

パラグラフリーディングのストラテジー

この問題集は学校の先生がイチオシしていた問題集の1つになります。

英語の長文読解でかなり重要になってくるのがパラグラフリーディングです。

少年
少年

え?なんていった?聞いたことないよ…

パラグラフリーディングは直訳すると段落読みです。

簡単に言うと段落ごとに読んでいきそれぞれの要約をしながら読むことが大切ということです。

この問題集では英語長文の解き方の基礎となるパラグラフリーディングを身に付けるのに持ってこいな教材となっています。



やっておきたい英語長文

学校の先生がイチオシしていたもう一つの教材がやっておきたい英語長文シリーズです。

個人的には一番有名どころの長文問題集なのではないかと思っています。

この問題集の特徴はなんといっても単語数ごとに問題が別れているという所にあります。

先ほど述べたように、長文用の教材を選ぶポイントの1つに単語数という項目がありました。

この教材を使えば自分の志望校にあった単語数の長文演習をこなせるのでとてもオススメできる問題集の1つです。







大学の過去問

個人的に一番オススメしたいのが各大学の過去問です。

自分の志望校の過去問を何年も前の分から解くのももちろんオススメですが、自分がオススメしたいのは「○○大の英語」という問題集を使うことです。

自分は受験生の時に、難しい長文をたくさんときたかったので色々な大学の過去問週を解いた経験があります。

具体的に解いた大学は

  • 名古屋大学
  • 大阪大学
  • 東北大学
  • 神戸大学
  • 一橋大学
  • 北海道大学

このあたりの長文をとにかく解き続けました。

難しい問題をたくさん解きたい人にはとてもオススメできる方法なので是非参考にしてみてください。











難関大英語長文

登木健司さんが作者であるこの一冊は、自分の周りでとても流行っていたものになります。

登木先生の授業をそのまま問題集にしたようなイメージなので河合塾生から絶大な人気を誇っていました。

少女
少女

異常に解説が詳しい

みな口をそろえてこう言っていたのが未だに記憶にあります。

レベルとしては早慶レベルで難易度も受験最高峰です。

ある程度長文読解になれてきて、よりレベルアップしたい人に持ってこいな一冊だと思います。



高校英語・英作編

最後に英作文用の問題集を3つ紹介していきます。

英作文はとにかく慣れが必要なのでたくさんの問題を解くことをオススメします。

紹介する3冊はこちら

  1. 基礎英作文問題精講
  2. ハイパートレーニング
  3. 竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

それぞれ簡単に紹介していきます。

基礎英作文問題精講

人気の問題精講シリーズからの1冊です。

英作文の練習としてはかなり有名な問題集なので、迷ったらこれをやってみるのも良いかもしれません。

この一冊を完成させると、難関私立や中堅国公立レベルの英作文を解けるくらいのレベルに達することができます。

文法や語彙力をある程度持った上で英作文の練習として活用するのをオススメします!

ハイパートレーニング

英作文には和文英訳と自由英作が主にありますが、それぞれを一冊ずつにまとめたのがこのハイパートレーニングです。

自分は自由英作の教材として使用していましたが、かなり良い教材でした。

この教材の良いところは暗記例文が掲載されているというところです。

英作力をあげるには例文をたくさん自分の中にストックしてそれをどんどん活用するのがとても大切なので、英作力をあげるためのいい教材だと思います。



竹岡広信の英作文が面白いほど書ける本

この一冊は基礎レベルから東大レベルまでかなり幅広いレベルの問題が掲載されている一冊になります。

そのため、問題数がかなり多く一冊をやりきるにはかなり時間がかかってしまいます

その分、得られるものがかなり大きいのでコツコツと英作文の練習をしていきたい人にはもってこいの一冊になっていると思います。

少年
少年

自分は難関国立大学の対策がしたい

少女
少女

英作がかなり苦手だから基礎を固めたいな

このように英作文に対する考えが違う人にも幅広くオススメできる一冊になっています。

まとめ

今回は高校英語の勉強にオススメの教材を紹介しましたがいかがだったでしょうか。

英語力の向上にはとにかく慣れが必要です

たくさんの問題に触れるためにも色々な問題を解いてみてください。

自分の今のレベル、目標とするレベルにあった参考書を選びそれに真摯に取り組めば必ず学力はアップします

諦めずに第一志望合格のためにコツコツ頑張っていきましょう。

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

おすすめ教材

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました