塾の集団授業の特徴【学校の授業との違いは?】

塾の集団授業の特徴を説明するアイキャッチ

スポンサーリンク

こんにちは~!KOOMと申します!

今回は集団授業を行っている塾の特徴を徹底解説していきます。

塾の学習スタイルは主に

  • 個別指導
  • 集団授業
  • 映像授業

この3つに分かれることが多いと思います。

今回はその中の集団授業についての特徴を現役塾講師の自分が解説していこうと思います。

塾といえば集団授業というくらいの長い歴史があるのが集団授業です。

最初にいっておくと、個人的に集団授業はあまりオススメしません

そのような判断を下すきっかけとなる特徴を解説していくので是非最後までご覧ください。

今回紹介する内容を踏まえて塾選びの参考にしてみてください。

本記事を最後まで読むと

  • 集団授業のメリット、デメリットが分かります
  • なぜ、オススメしない授業スタイルなのかが分かります

そのテーマに対する自分の経歴

今回のテーマは自分が講師をしている塾の様子を元に紹介していこうと思います。

その塾は個別・集団・映像の3つすべてを採用しており、それぞれを利用している生徒がいる状況です。

自分は基本的に個別指導を担当していますが、

・集団授業の経験がある生徒からの情報
・自身の中学生時代の経験

これらを元に集団授業の特徴を解説していきたいと思います。

それでは早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

塾の集団授業の特徴

塾の集団授業の特徴の導入画像

ここからは集団授業の良いところとあまり良くないところを紹介していきたいと思います。

集団授業の特徴はこちら

  1. プロの講師による授業
  2. クラス分けや模試での競争心
  3. 皆一律の内容を受ける
  4. 完全に受け身の授業

順に解説していきたいと思います。

集団授業の特徴①プロの講師による授業

集団授業の一番の魅力は、講師陣の豪華さにあります。

個別指導とは違って、学生アルバイトが授業することはほとんどありません。

各塾の社員さんが基本的に授業を展開するので、授業の質は比較的高くなると思います。

集団講師の特徴としては

  • 研修を受けている
  • 受験指導の経験豊富
  • 何年もの講義経験あり

と、学生アルバイトと比較すると経験の面で大きく勝ってきます。

集団授業は学校とほぼ同じような雰囲気の中行われるので、常に緊張感があるのも良いところです。

集団授業の特徴②クラス分けや模試での競争心

集団塾では、生徒一人一人のレベルにあった授業を展開するのが難しいですが、クラス分けをしてなるべく近いレベルの人と授業を受けることになると思います。

その際に、クラス分けのためのテストや模試が判断基準になります。

少年
少年

なるべく上のクラスにいたい!

少女
少女

○○ちゃんには負けたくないな

このような気持ちが芽生えてやる気に火が付くことが多いです。

また、塾によっては塾内模試の結果を貼り出すところも多いそうです。

これも生徒たちの負けず嫌いなプライドを刺激して良い方向に働くことになります。

塾に行けばライバルでもあり友人でもある人たちと勉強することができるので、そこが集団塾の魅力の1つですね。

友人と切磋琢磨できる環境に身を置くことを心からオススメします。

スポンサーリンク

集団授業の特徴③皆一律の内容を受ける

この項目に関しては良いところにもあまり良くないところにもなり得る所です。

塾の集団授業は基本的に学校とほぼ同じなので、一人一人のレベルにあった授業展開は望めません。

少年
少年

もっと早く進んでよ!!

吸収がとても早く、学力がある人からしたらこのような気持ちがあるだろうし、

悩む人
悩む人

まって、内容難しいし進むの早い…

あまり学力が高くなく、自分でゆっくり吸収したい人からしたら不満があるのは当然です。

  • 授業の進む速度
  • 問題の難易度
  • 授業内の演習量

これらが自分にぴったり合った授業をとることはほぼ不可能になると思います。

また、複数の学校から集団授業に来ている場合、ピンポイントで学習したいところを学習するのが難しいです。

悩む人
悩む人

まだここ習ってないから全く分からないよ…

このように学校の違いによって集団授業がうまく合わない事もあるので注意が必要です。

集団授業の特徴④完全に受け身の授業

自分が集団授業をオススメしない最も大きな理由がこの、授業が完全に受け身になるという理由です。

集団授業は学校とほぼ同じといいましたが、おそらく塾の方がより受け身の授業を展開していると思います。

最近の学校では

・机の向きが前向きではない
・先生の問いかけに対してディスカッション
・生徒が発表する制度

このように完全受け身の講義スタイルから徐々にアクティブになってきていることと思います。

それに対して塾では基本的に時間内は講師の方が話し続けることになると思います。

人は完全受け身の授業では習った内容の定着度がかなり低いというデータがあります。

受け身の集団授業はあまり受けても意味がないことになってしまうので注意が必要です。

受け身の授業が良くない根拠については以下の記事で詳しく解説しています。

是非こちらを読んで最強の勉強方法を試してみてください。

スポンサーリンク

塾の集団授業の特徴・まとめ

今回は集団授業の良いところとあまり良くないところの両方を解説しましたがいかがだったでしょうか。

個人的には集団授業よりは個別指導の方が良いと思いますが、自分に合った方がどちらかをよく考えてみてください。

今回の内容を参考にして自分に合った最適な学習方法を実践していきましょう!

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

塾・通信教材

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました