【大学生必見】TOEICで600点を取るためのコスパ最高な勉強法

【大学生必見】TOEICで600点を取るためのコスパ最高な勉強法
  • 就活や院試に向けて600点を取りたい
  • TOEIC初受験で600点を取りたい
  • お金をかけずに良いスコアを取りたい
  • 短期間で目標スコアを達成したい

このような願望をお持ちの方におすすめの内容です。

この記事ではTOEICに向けてコスパ良く勉強する方法をご紹介します。

紹介する方法は700点、800点と600点以上を目指す方にもおすすめできる方法です。

この記事で分かること
  • コスパ良く勉強するための必需品
  • 使うべき4冊の参考書・問題集
  • 試験当日までの勉強の流れ
  • 600点取るために必要な勉強時間

紹介する方法を再現するだけで確実に600点を取ることができるので、是非最後までご覧ください。

短期間で、お金をなるべくかけず、目標スコアを達成しましょう!!

Santaを使えば、高精度AIがあなたの今のスコアを3分で判定してくれます

TOEIC®テスト対策 - AI学習のSanta
TOEIC®テスト対策 – AI学習のSanta
無料
posted withアプリーチ

400万人以上が利用しているTOEIC特化アプリです。

3分で終わるスコア診断が無料で受けられるので今の実力を試してみてください。

簡単3分でスコア診断

筆者情報
  • TOEIC初受験で790点
  • 勉強期間は1ヶ月ほど
  • 総勉強時間は60時間ほど
  • 参考書代は1,000円のみ(金フレ)
日本人だよ・・・
目次

コスパ良く勉強するために使うサービス

TOEICの勉強をコスパよく行うために必須なサービスを紹介します。

  1. Kindle Unlimited
  2. abceed

この2つを使うことでほとんどお金をかけずに勉強することができます

TOEIC対策をするなら絶対利用するべきサービスです

Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedを使うと、TOEICの参考書が読み放題になります。

Kindle Unllimitedで読めるTOEICの参考書
読み放題の対象

読み放題の対象書籍の中には、「究極の模試 600+」や「直前の技術」などの有名参考書も含まれています。

この2冊は勉強に使う参考書4冊にも入っているので必ず用意しておきましょう。

この2冊を用意しようとすると5,000円以上かかってしまうけど、Kindle Unlimitedだったら0円で読めてしまうよ!

1ヶ月間は無料、2ヶ月以降も980円なので短期間に勉強をするTOEICとの相性が最高のサービスです。

1ヶ月以内に解約すれば0円で何冊でも参考書が読めるのでコスパ良く勉強することができます。

いつでも解約OK!30日間は0円!

abceed

abceedはTOEIC用の参考書のリスニング音声を無料で聞くことができるアプリです。

AI英語教材 abceed(エービーシード)
AI英語教材 abceed(エービーシード)
無料
posted withアプリーチ

Kindleで参考書を読むと、CDがありません。

そんな時にabceedを使えば、わざわざ別でCDを購入することなく無料で音声を聞くことができます

TOEICの他にも英検や英会話用の参考書にも対応しています。

また、abceedには再生速度を変える機能もあります。

CDでは速度調節ができないのでとても重宝する機能です。

1.5倍速などの速いスピードで勉強すると、本番に聞き取りやすくなるのでおすすめです。

TOEICのリスニング勉強はこのabceedがあれば完璧!

使っていく参考書はこの4冊!

ここからはメインで使っていく参考書を4冊紹介します。

  1. 公式問題集
    • 本番を意識した模試
  2. 出る単特急 金のフレーズ
    • 頻出単語を集めた単語帳
  3. 究極の模試 600問+
    • 演習量を増やす問題集
  4. 直前の技術
    • 解き方のコツが分かる参考書

数多くある参考書の中で、この4冊をやりこめば600点は間違いなく達成できます

「究極の模試 600+」と「直前の技術」はKindle Unlimitedで0円で読むことができます。

それぞれの参考書について簡単にご紹介します。

公式問題集

TOEICを受けるために最も重要な参考書が公式問題集です。

著:ETS
¥3,300 (2022/04/13 11:22時点 | Amazon調べ)

必ず最新版(2022年4月時点では上の8)を使うようにしてください。

公式問題集は、本番のテストを作っているETSが作成している模擬試験です。

テスト開発機関であるETSが、実際のテストと同じプロセスで作成した問題を収録した公式TOEIC Listening & Reading 問題集シリーズをはじめとした、人気のTOEIC公式教材の基本情報や、効果的な使い方をご紹介しています。皆様の英語学習にご活用ください!

IIBC公式サイト

TOEIC本番のリアルな感覚が分かる1冊となっています。

まだ持っていない人は確実に用意しておきましょう。

私は友人から譲り受けたので無料で使えました。TOEICは書き込みが禁止なので中古を使用すると安く済ませることができますよ!

出る単特急 金のフレーズ

金のフレーズは、累計100万部以上売れている王道単語帳です。

通称、金フレ。

合計1000個の単語が4つのレベルに分かれています。

  • 600点レベル・・・400単語
  • 730点レベル・・・300単語
  • 860点レベル・・・200単語
  • 990点レベル・・・100単語

600点を目指すなら最初の400単語を極めるのがおすすめです。

ちなみに600点を目指す銀のフレーズも存在します。

一度、書店で金フレと銀フレのどちらも目を通してみて、自分に合った方を選びましょう。

銀フレだと簡単すぎると感じたら金フレに挑戦するのがおすすめです!

究極の模試 600問+

たくさん演習を積むために使うのが究極の模試 600+です。

中には模試3回分が入っており、演習を積むのにもってこいな1冊です。

びびり君

公式問題集1冊だけでは演習量が少なくて不安・・・

このような方は絶対に使うべき1冊です。

しかし、この問題集を使う上で1つだけ問題点が。

現在のTOEICテストより難易度が低い

究極の模試は2020年に発売された問題集なので、現在のTOEICテストより簡単に作られています。

しかし、模試3回分を無料で解けるので使わない手はありません。

私も2回分をしっかりとやりこんだ結果、ペース配分など問題の解き方を掴めたよ!

定価は3,300円ですが、Kindle Unlimitedを使えば無料で使うことができます。

直前の技術

直前の技術はTOEICのテクニックを教えてくれる1冊です。

著:ロバート・ヒルキ, 著:相澤 俊幸, 著:ヒロ前田
¥2,178 (2022/04/13 11:29時点 | Amazon調べ)

表紙には「受験票が届いてからでも間に合う!11日間の即効対策プログラム」の文字。

びびり君

たった11日で対策できるわけないじゃん・・・

いや。初めて受験する人や本番まで時間がない人にはとっても役に立つ1冊だよ。

この参考書には、TOEICで良いスコアを取るための色々な情報が載っています。

  • スコアが伸びやすいPart
  • Partごとの解き方
  • 頻出パターンやよく出るフレーズ
  • 問題ごとの時間配分

このあたりの情報を知っているだけでスコアへの影響はかなり大きいです。

目を通すだけでも間違いなく効果がある1冊。私の場合、この参考書のおかげで点数がとれたといっても過言ではないよ!

定価は2,420円ですが、Kindle Unlimitedを使えば無料で使うことができます。

TOEIC600点をとるための6ステップ

参考書の準備ができたら、具体的な勉強法を紹介していきます。

誰でも再現できる方法なので是非参考にしてみてください。

  1. 公式問題集のTEST1
  2. 直前の技術
  3. TEST1の復習&金フレ
  4. 究極の模試 600+
  5. 公式問題集のTEST2
  6. TEST2の復習

この流れに沿ってしっかり勉強すれば必ず600点を取ることができます

分かりやすく紹介していくので実践してみてください!

公式問題集のTEST1

勉強を始めようと思ったその日に、まずは公式問題集のTEST1を解きましょう。

この段階では以下のことを意識してください。

  • 制限時間を守る
  • 腕時計を使用する
  • マークシートを使う
  • リスニングの音声はスピーカーで聞く

とにかく本番と同じ形式で解くことが重要です。

勉強開始時点での実力を測る意味でも全力でやりきってください。

解き終えたら、丸つけをして正答率と参考スコアをメモしておきましょう。

筆者のTEST1のスコアは550前後でした。

この段階では見直しや復習はせずに次のステップに移りましょう。

1回目のスコアを最後に超えられるようにここから対策していきます。

直前の技術

TEST1を解き終えた後に使うのは「直前の技術」です。

TOEICの攻略法やコツをこの1冊から吸収していきます。

直前の技術ノート

私はこんな感じで要点をまとめたノートを作っていました!

直前の技術には頻出フレーズがたくさん載っているため、これらを暗記するだけでもかなりスムーズに解き進めることができます。

演習問題もついているので、TOEICの攻略法を使いこなせるまで練習しましょう。

攻略法を知っていればペース配分なども身につくので絶対に欠かせないステップです。

初めて受ける人やTOEICについてあまり知らない人は目を通すだけでもいいので絶対に使うべきです!!

>>無料で「直前の技術」を使う

TEST1の復習&金フレ

「直前の技術」でコツを習得したら、ここからはひたすら勉強していきます。

ここで使うのがステップ1で解いたTEST1金フレです。

TEST1の復習

答え合わせが済んでいるTEST1を使って勉強していきます。

  • リスニング
    • シャドーイング
    • ディクテーション
    • 選択肢の先読み練習
    • 各スピーカーの特徴把握
  • リーディング
    • 語句の復習
    • 選択肢の読解練習
    • MPの処理練習

このような感じで、公式問題集の復習ではたくさんの勉強をすることができます。

上に挙げた7つの勉強について、やり方を簡単にご紹介します。

リスニング

音声を聞いて追いかけるように発音する方法。

ポイント
  • 最初はスクリプトあり
  • 徐々に何も見ずに行う
  • 聞こえなかったフレーズは何度も聞く

シャドーイングは個人的に最もリスニング力向上に効果的な方法です。

自分が聞こえないフレーズが分かってくるので重点的に対策することができるよ!

リーディング

長文問題に出現した語句を復習しましょう。

知らない単語や表現、言い回しなどを一つ一つ覚えていくことが重要です。

金フレノート

このようなノートを作って知らなかった語句を見返しやすくするのがおすすめです。

TOEICでは似たような表現が何度も出てきます。次に出たときに確実に理解できるようにしておきましょう。

これら7つの特訓を意識してTEST1の復習に励んでください。

「直前の技術」で習得したコツを元に、速く正確に解く練習をひたすら積んでいきましょう。

すべての勉強の中で最も時間をかけるべきなのが「公式問題集の復習」です!!

金フレ

足りない語彙力を金フレで補っていきます。

勉強をする際にはabceedで音声を聞きながら進めるのがおすすめです。

リスニング力とリーディング力をどちらも鍛えることができるよ。

参考までに、筆者は金フレの900単語目までを勉強しました。

単語の覚え方は人それぞれですが、大切なのは反復するということです。

本番までの期間、何度も単語帳を見て徐々に覚えていきましょう。

TOEICは単語が分からないと解けない問題が多いので単語の勉強は必須です!!

究極の模試 600+

復習や単語勉強をある程度進めたら、「究極の模試 600+」を使って演習を積みましょう。

この参考書の使い方として、2種類の使い方をおすすめします。

びびり君

ステップ3の復習を通じてPartごとに得意と不得意があることが分かった・・・

このような方は苦手なPartのみを解くのがおすすめです。

重点的に類題を解くことで、確実に点数を上げることができます。

びびり君

ステップ1でTEST1を解いたけど、時間配分とかが全く分からなかった・・・

このような方は、本番形式で200問解くことをおすすめします。

ステップ2で習得したコツを元に、通して解いてみましょう。

また、2時間の試験に耐えられる集中力を鍛えたい方も通しで解くのがおすすめです。

私は後者の通しで200問解きました。それによってまた復習するべき教材が増えるので勉強する内容に困ることもなかったです!

どちらの方法でも、「たくさんの演習を積んで復習する」ということが非常に重要です。

演習の仕方は公式問題集の復習方法と同じです。

>>無料で「究極の模試 600+」を使う

公式問題集のTEST2

TOEICの本番1週間前くらいになったら公式問題集のTEST2を解きましょう。

びびり君

なんで1週間前??

もっと前に解くとまだ実力が伸びきっていない場合があり、もっと後に解くと復習する時間が足りなくなってしまうからです。

注意事項はTEST1を解いたときと同じです。

  • 制限時間を守る
  • 腕時計を使用する
  • マークシートを使う
  • リスニングの音声はスピーカーで聞く

これが本番形式で解く最後の機会です。

本番同様の環境で200問解きましょう。

筆者は1回目の550前後から、TEST2で750くらいまで伸ばすことができました。

TEST2の復習

受けたTEST2の採点を行い、残り1週間でひたすら復習をしましょう。

復習の仕方はステップ3で行ったTEST1の復習と同じです。

>>復習の仕方を振り返る

  • リスニング
    • シャドーイング
    • ディクテーション
    • 選択肢の先読み練習
    • 各スピーカーの特徴把握
  • リーディング
    • 語句の復習
    • 選択肢の読解練習
    • MPの処理練習

リスニング、リーディングともに完成度を高めるべく、じっくりと復習をしていきましょう。

TOEIC本番まではずっとTEST2を使って最後の仕上げをしていきます!!

この6ステップに沿って勉強することで本番に600点をたたき出すことができます

是非、真似してみてください。

TOEIC600点はどのくらいの勉強時間でとれる?

TOEIC600点を達成するために必要な勉強時間は人によって様々です

筆者の場合、Santaの無料スコア診断で530点を取ってから本番で790点を取るまでに、約60時間の勉強をしました。

60時間で約250点アップ

TOEIC独特の攻略法が分かったので、これだけ短時間で点数を伸ばすことができました。

ちなみに、TOEIC専門講師のTEX加藤先生によると、600点達成までは2時間で1点上がる人が多いみたいです。

それを元にすると必要な勉強時間は以下のようになります。

現在のスコア必要な勉強時間
300~400点400~600時間
400~500点200~400時間
500~600点0~200時間

正直、こんなに必要かな?というのが筆者の意見ですが、参考程度にはなると思います。

といっても、重要なのは勉強時間ではなく勉強量なのであまり気にしすぎないでください。

Santaの無料スコア診断をすれば、必要な勉強時間がだいたいわかるよ!

TOEIC®テスト対策 - AI学習のSanta
TOEIC®テスト対策 – AI学習のSanta
無料
posted withアプリーチ

【余談】大学生でTOEIC600点は高いっていう話

最後に少し余談ですが、「大学生でTOEIC600点は高い」という話をしたいと思います。

以下の表をご覧ください。

神戸大学648点
東京工業大学640点
京都大学628点
金沢大学524点
東京農工大学50点点
大学別TOEIC平均スコア

大学生のTOEIC平均点が568点(2019年度)であることを考えると、600点は高い点数であることが分かります。

この点数は公開テストの点数なので、自主的に受けた人のみの平均点です。

600点は1つの節目の目標といったところでしょうか。

紹介した勉強法を使って、あなたが目標とするスコアをとれるように励んで頂けたら幸いです。

大学院入試の際に600点以上のスコアが求められる大学も多いみたいです!

まとめ | 大学生はコスパ良くTOEICのスコアを取ろう

以上、TOEICでコスパ良く600点を取る方法を紹介しました。

Kindle Unlimitedで安く教材を用意し、間違いない勉強法をすれば、確実に達成することができます

  1. 公式問題集のTEST1
  2. 直前の技術
  3. TEST1の復習&金フレ
  4. 究極の模試 600+
  5. 公式問題集のTEST2
  6. TEST2の復習

今回紹介した方法を使って、是非目標達成を目指してください。

コスパ良くサクッと600点を取りましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる