塾の個別指導は何が良いの?デメリットも大公開

個別指導塾の特徴のアイキャッチ

こんにちは~!KOOMと申します!

今回は個別指導の塾の特徴を徹底解説していきます。

塾の学習スタイルは主に

  1. 個別指導
  2. 集団授業
  3. 映像授業

この3つに分かれることが多いと思います。

今回はその中の個別指導についての特徴を現役塾講師の自分が解説していこうと思います。

最初にいっておくと、メリットばかりと考えられがちの個別指導にもデメリットはしっかりあります

しかし、自分が中高生に戻ったとしたら、間違いなく個別指導の塾に入ると思います

そのような判断を下すきっかけとなる特徴を解説していくので是非最後までご覧ください。

今回紹介する内容を踏まえて塾選びの参考にしてみてください。

本記事を最後まで読むと

  • 個別指導のメリット、デメリットが分かります
  • 個別指導の雰囲気がつかめます

そのテーマに対する自分の経歴

今回のテーマは自分が講師をしている塾の様子を元に紹介していこうと思います。

その塾は個別・集団・映像の3つを採用しており、それぞれを利用している生徒がいる状況です。

自分は基本的に個別指導を担当しているので、客観的に見た個別指導の特徴を解説していこうと思います。

それでは早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

塾の個別指導の特徴

個別指導塾の特徴の導入画像

ここからは個別指導の良いところとあまり良くないところを順に紹介していきたいと思います。

個別指導は一長一短なので、是非最後まで見ていってください。

個別指導の特徴は以下の4つです。

  1. サポートが手厚い
  2. 自分のペースを維持できる
  3. 料金が高い
  4. 講師の当たり外れがある

順に解説していきます。

個別指導の特徴①サポートが手厚い

個別指導の一番の特徴はサポートの手厚さにあります。

基本的には少数の生徒に対して講師がつくことになるのでしっかりとしたサポートを受けられます。

具体的なサポート内容としては

・質問への対応
・進路相談
・勉強法などのお話
・講師の合格体験談

など、勉強に関する話はもちろん、プライベートの話をすることもよくあります。

悩む人
悩む人

先生がずっと横にいるの、なんか苦しくない…?

中にはこのような気持ちの人がいるかもしれませんが、講師は基本的にフレンドリーに接するので険悪な雰囲気にはならないと思います。

色々な面で手厚いサポートを受けられるのが個別指導の一番の魅力です。

個別指導の特徴②自分のペースを維持できる

次に、授業内の学習の進め方についてですが、基本的には生徒主体で行っていきます。

生徒によってはすらすら解けてしまう人もいれば、基本問題に手こずる人もいる中で、個別指導では生徒のペースで授業を展開していきます。

悩む人
悩む人

自分解くのめっちゃ遅いんだよね…

このような人も全く心配する必要はありません。

基本的に1つの授業内で進むノルマのようなものはないので焦らずじっくりと理解に徹することができます。

逆に解くのがはやすぎる人も授業の後半で暇になるということはなく、時間内でみっちり勉強することができます。

生徒の学習スピードに応じて授業が展開されるのが個別指導のもう一つの魅力になります。

スポンサーリンク

個別指導の特徴③料金が高い

一見良いところばかりの個別指導ですが、もちろんあまり良くない点もあります。

代表的なのが授業料の高さです。

手厚いサポートの代わりにその分高い授業料を払う必要があるということですね。

個別指導の授業料は基本的に集団や映像授業よりも高く、塾によっては倍近く変わってくるところもあるそうです。

少年
少年

個別、マジで高いんだよね

生徒たちがよく口にしているのを聞きます…

個別指導の授業料の目安はこちらの記事を参考にしてみてください。

これによると、1コマにかなりの金額がかかっていることが分かると思います。

良いところもあればあまり良くないところもあるというのが塾の現実のようです。

個別指導の特徴④講師の当たり外れがある

これは各塾の方針によりますが、担当する講師がプロの講師だったり、学生のアルバイトだったりと様々なので講師の当たり外れが起こってしまいます。

自分が講師をしている塾では、基本的に講師は固定されているので毎週変化することはないです。

また、学生アルバイトのレベルが皆同じくらいなので基本的に当たり外れはない状況にはなっています。

しかし、講師の性格の違いからお通夜のような授業をしているところもあるのが現実です。

授業の質は同じかもしれませんが、授業の雰囲気は変わってしまうかもしれませんね。

ちなみに、自分の友人が講師をしている塾ではかなりの講師の当たり外れがあるらしいです。

筆者
筆者

実際にやめていく生徒が多いとか…

塾によっては講師を指名できる制度があるところもあるので、下調べをすることがとても大切になります。

スポンサーリンク

個別指導の特徴・まとめ

今回は個別指導の特徴を解説してきましたがいかがだったでしょうか。

個人的にはかなりオススメの学習スタイルですが、デメリットがあることもしっかりと理解しておいてください。

自分に合った方法で学習を進めていけば必ず学力は向上します。

しっかりと下調べをして最適解を選択してください!

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

塾・通信教材

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました