iPadを使った勉強は高校生にもおすすめできるのか【iPad勉強法】

高校生のiPad勉強法のアイキャッチ

本記事のテーマは高校生のiPad勉強法についてです。

最近はリモート授業が増えてきており、高校生でもiPadを使って勉強している人が多くなってきている中でこのように思ったことがある人はいませんか。

少年
少年

高校生にもiPad勉強法っておすすめなの??

最初に結論から言うと、高校生にもiPad勉強法はオススメできます
そのわけを毎日iPadを使って勉強している自分がいい部分・悪い部分どちらも踏まえた上で解説していこうと思います。

本記事を読むと分かること
  • iPad勉強法の概要
  • 効率的なiPadの使い方
  • 高校生におすすめのiPad勉強法
筆者
筆者

メリット・デメリットを踏まえてiPadで成績アップしていきましょう!

iPadで勉強するあなたにおすすめの記事

高校生のiPad勉強法の魅力

まずは、iPadを使って勉強をする魅力を5つ紹介していこうと思います。

iPad勉強法は主に大学生や社会人がよくしているので今回は高校生が受けられる恩恵に絞って紹介していきたいと思います

  1. 大量のテキストを持ち運べる
  2. スキマ時間勉強の効率化
  3. きれいなノートを作れる
  4. メモや簡単な計算式をすぐ書ける
  5. 大学に行っても使える

大量のテキストを持ち運べる

まずはiPadで勉強することによる一番のメリットはペーパーレス化できるということです。

高校生は毎日持ち運ぶ物が非常に多く、負担に感じている人が多いと思います。

そこでiPadを日々の生活に導入することで、持ち運ぶ書類などが減りかなり負担が小さくなります

ペーパーレス化できるもの
  • 各教科のプリント
  • テスト範囲表
  • 受験用問題集・参考書

最近は掲示物などもGoogle Classroomなどを用いてPDFとして配布される学校も増えてきているのでそのような書類をまとめて管理できるメリットがあります。

筆者
筆者

持ち運ぶ書類の量をかなり減らせそうだね!!

スキマ時間勉強の効率化

高校生になると中学生までとは違ってスキマ時間が生まれる機会が多くなってきます。

  • 公共交通機関の待ち時間
  • 公共交通機関の乗車時間
  • 授業終了から部活開始までの時間

このような時間を勉強に充てられるかどうかでかなりの差が生まれます。

しかし、公共交通機関の中で教科書やノートを開けるのに抵抗があり、なかなか勉強できない人も多いと思います。

筆者
筆者

車内が混雑していたら開くことが難しい場合もありますよね。

そんなときにiPadでノートまとめをしていたらスマホ1つで通学中に勉強をすることができます。

iPadのノートアプリはスマホと同期出来るものが多く、自分でつくったノートをスマホで見ることが出来ます。

筆者
筆者

いつでもどこでもスマホで復習できるってこと!

きれいなノートを作れる

iPadでノートをとるメリットとして、何度書き直してもきれいな状態が続くというのがあります。

  • 何度でも一瞬で消すことができる
  • 図や表を簡単に入れられる
  • 教科書の写真を挿入できる

このように紙のノートでは難しいことがiPadのノートアプリを使うことで簡単にできてしまいます。

iPadでノートをとる魅力はアプリ紹介のところで詳しく書きますが、とにかく快適に自分だけのノートを作成できるのでかなりオススメできます。

メモや簡単な計算式をすぐ書ける

iPadのノートアプリを使えば勉強している途中の計算式などを殴り書きしてすぐに消すことが可能です

その時に使って欲しいのがiPadのインスタントメモという機能です。

  • STEP1
    画面のどこかをApple pencilでタップする

    iPadのロック画面

  • STEP2
    メモアプリが一瞬で開く

    iPadのメモ画面

少年
少年

計算の途中式を書きたい!

こう思ったときにはiPadをタップするだけでメモできるのでとても便利だと思います。

大学に行っても使える

高校生にiPadをオススメする理由で最も大きいのは大学生になっても使えるからです。

少年
少年

高校生の自分に使いこなせるかな・・

このような不安があると思いますが、高校生でフル活用できなくても大学生になるとiPadが活躍する場面がかなりあります。

  • 講義のノートをとるとき
  • 配布された資料を保管したいとき
  • 資格の勉強をしたいとき
  • YouTubeなどを見たいとき

大学生は勉強の用途として使う場面が多いですが、高校生でもゲームや動画鑑賞などの娯楽面で使いこなすことは十分に可能です。

高校生からiPadを持つことで人生を数年分得すると思います。

筆者
筆者

冗談抜きでiPadにはそれくらいの価値ありです!

iPad勉強のマストアプリ

次に高校生がiPadで勉強をしていく上で必要だと思うアプリを4つ紹介していきます。

勉強効率を上げるために必要なアプリは4種類あると思っています。

  1. ノートアプリ
  2. 紙→データ変更アプリ
  3. 電子書籍アプリ
  4. タスク管理アプリ

今回はそれぞれのアプリの中で自分が使っていておすすめできるアプリを紹介したいと思います。

  • GoodNotes 5
  • Adobe Scan
  • Porto(ポルト)
  • Todoist

それぞれの特徴を簡単に紹介していきます。

GoodNotes 5

iPadでノートをとるなら純正のメモアプリではなくノートアプリを使うのを強くオススメしますが、中でもおすすめなのがGoodNotes5というアプリです。

GoodNotes 5
GoodNotes 5
開発元:Time Base Technology Limited
¥980
posted withアプリーチ

アプリ自体は有料で980円しますがこれから何冊もノートを買うことを考えるとかなりコスパがいいと思います。

GoodNotes5でできること
  • 図や表の挿入
  • 教科書の写真の挿入
  • ウェブサイトのURLの挿入
  • 文字検索機能
  • スマホでのノート確認

このほかにもたくさん機能がありますが、使う頻度が高い機能を以下の記事で詳しく紹介しています。
>>GoodNotes5(グッドノート)が勉強するのに最高なワケとおすすめ機能7選

また、自分がこのノートアプリを購入するきっかけとなった動画を載せておくので是非観てみてください。

Adobe Scan

紙の書類をPDF化するのにオススメなのがAdobe Scanというアプリです。

Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ
Adobe Scan: OCR 付 スキャナーアプリ
開発元:Adobe Inc.
無料
posted withアプリーチ
  • 学校から配布された連絡系のプリント
  • テスト範囲表
  • 今までのテスト・模試の成績
  • 部活の予定表

このあたりをスキャンして先ほど紹介したノートアプリに取り込むことでかなり管理がしやすくなります。

  • STEP1
    Adobe Scanを開く

    Adobe Scan

  • STEP2
    書類をスキャンする

    Adobe Scanで書類をスキャン

  • STEP3
    「共有」を押す

    Adobe Scanの共有

  • STEP4
    「コピーを共有」を押す

    Adobe Scanのコピーを共有

  • STEP5
    「GoodNote5で開く」を押す

    GoodNotes5で開く

  • STEP6
    書類に書き込める!

    GoodNotes5に直接書き込み

筆者
筆者

これはかなり便利だから使ってみて!

Porto(ポルト)

Porto(ポルト)は参考書を電子書籍として読むことが出来るアプリです。

ポルト(Porto) 参考書が読み放題
ポルト(Porto) 参考書が読み放題
開発元:Studyplus Inc.
無料
posted withアプリーチ

学校で使っている教科書や問題集を電子書籍にするのは難しいですが、自分が受験用で使っている参考書なら電子書籍化することができます。

参考書を電子書籍にすると
  • 書き込みを自由にできる
  • 分厚い参考書を持ち運ばなくて済む
  • 問題の解き直しがしやすい

Porto(ポルト)というアプリには5教科の有名な参考書が数百冊入っており、月額料金ですべて読み放題になります。

筆者
筆者

各教科の超有名参考書がたくさん入っています!!

Porto(ポルト)を実際に使ってみて分かったことを以下にまとめたので、興味のある方は是非参考にしてみてください。
>>大学受験用参考書がスマホで読めるアプリ「ポルト」は受験生におすすめできるのか

Todoist

最後はTodoistというタスク管理アプリです。

Todoist: ToDoリスト・タスク管理・リマインダー
Todoist: ToDoリスト・タスク管理・リマインダー
開発元:Doist Inc.
無料
posted withアプリーチ

タスク管理のアプリはかなりたくさんありますが、個人的に高校生にオススメできるのはこのTodoistというアプリです

  • 1日の勉強計画が立てやすい
  • タスク終了後すぐに消せる
  • 翌日の予定も立てやすい

タスク管理アプリは数多くありますが、勉強計画を立てるために使うならシンプルで使いやすいものが良いと思います。

Todoistは細かい機能もなく、直感的に使うことが出来るので高校生にとてもおすすめできるアプリです。

  • STEP1
    Todoistを開く

    Todoistを開く

  • STEP2
    右下の「+」を押す

    タスクを追加する画面

  • STEP3
    タスクを追加する

    タスクを追加する画面

  • STEP4
    ヴィジェットに追加される

    ヴィジェットに追加される

  • STEP5
    終わったら○を押して消していく

    タスクの消し方

  • STEP6
    残ったタスクは翌日に繰り越し

    タスクが削除される

勉強計画の立て方をしっかりおさえたうえで効率よくやるべきことをこなしていってください。
>>大学受験勉強に向けた1日の勉強計画の立て方

高校生のiPad勉強法のデメリット

ここまで魅力ばかりを紹介してきましたが、高校生のiPad勉強法にはデメリットもあるので紹介していきたいと思います。

自分が思うデメリットは以下の3つです。

  1. Kindle対応の参考書が少ない
  2. 予算が高校生にしては厳しめ
  3. 学校で使用許可が下りるか微妙

順に説明していきたいと思います。

Kindle対応の参考書が少ない

大学受験用の参考書のほとんどがKindleに対応していません。

最近では徐々に対応書籍が増えてきてはいますが、未だにほしいと思ったものが電子書籍対応ではないことが多いです。

筆者
筆者

Kindleを日常的に使う人からすると少し残念な点だと思います。

先ほど紹介したPorto(ポルト)というアプリを利用すれば参考書をペーパーレス化することはできますが、Kindleに対応した参考書がどんどん増えていって欲しいなと思っています。

>>大学受験用参考書がスマホで読めるアプリ「ポルト」は受験生におすすめできるのか

予算が高校生にしては厳しめ

iPad勉強法をする上で一番ネックになってくるのが初期費用だと思います。

 iPad本体Apple pencilノートアプリ
料金35,000円~100,000円10,000円~15,000円980円
iPadにかかる初期費用

このように学習環境を整えるだけでお金がかかってしまうので購入に一歩踏み出すのが難しくはなってしまいます。

Apple pencilに関してはスタイラスペンでも書き心地の良いものは多く、替えは効きます。

限界まで安く抑えたとしても数万円はかかってしまうので、初期費用の大きさは高校生のiPad勉強の大きなデメリットです。

筆者
筆者

中古品などを安く買う選択肢がかなりおすすめです。

学校で使用許可が下りるか微妙

おそらく大半の高校では授業中にiPadでノートをとることは許されていないのではないでしょうか。

iPadを導入している学校が増えてはいますが、多くの学校では授業中にiPadを使ってはいけないと思います。

  • 学校の登下校時間
  • 授業終了後の自習
  • 休日の自主学習

このあたりでは自由に使うことができるので学校の授業以外に勉強を頑張っている人にはとてもオススメできます。

筆者
筆者

iPadは家や学校での自主学習で大活躍してくれます。

スポンサーリンク

まとめ

今回はiPadを使った勉強は高校生にもおすすめできるのかどうかに対する自身の考えを述べてきました。

冒頭にも述べたように高校生にもiPad勉強法は十分オススメできます

ただし、メリットだけではないということを把握した上でiPad勉強法を取り入れてほしいと思います。

筆者
筆者

一緒にiPadライフを楽しんでいきましょう!!

iPad勉強法 学習アプリ

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました