理系の大学受験に向けた月間勉強計画【具体例とポイント紹介】

大学受験の月間勉強計画のアイキャッチ

こんにちは~!KOOMと申します!

今日は大学受験に向けた月間勉強計画について書こうと思います。

月間の勉強計画を立てない人が多いですが、実はものすごく大切なものです。

月間の計画を立てることで

・直近の模試対策ができる
・自己のレベルアップを可視化できる

など様々なメリットがあります。

年間目標を立てた後に、ぜひ月間目標を立ててみてください!

年間目標を立てる際のポイントはこちら↓

また、全体の勉強計画の立て方のポイントはこちらにまとめてあります。
ぜひこちらを確認してから具体的な年間の勉強計画や月間の勉強計画の立て方を見ていってください!↓

本記事を最後まで読むと

  • 1ヶ月を通じての計画の立て方が分かります
  • 1ヶ月の勉強計画を立てるべき理由が分かります
  • 月間勉強計画のポイントを知ることができます

そのテーマに対する自分の経歴

自分が高校3年生になり、受験勉強を始めるに当たって一人の先生に勉強の進め方を相談しました。

筆者
筆者

先生、どんな感じで進めていけば良いんでしょう

先生
先生

まずは計画を立てることからや

この言葉を聞いて軽く月間の勉強計画を立ててから勉強に取り組むようにしていました。

今回は、実際に自分がどのようなことを意識して立てていたのかを紹介していきたいと思います。

月間勉強計画のテンプレートも紹介するのでぜひ参考にしてみてください。

それでは早速行ってみましょう!

スポンサーリンク

大学受験に向けた月間勉強計画

大学受験に向けた月間の勉強計画の導入

ここからはこのような流れで紹介していきたいと思います。

・月間勉強計画のテンプレート
・月間勉強計画を立てる3つのポイント

例を示しながら説明していくのでぜひ最後まで見て参考にしてみてください。

大学受験に向けた月間勉強計画のテンプレート

月間勉強計画の立て方を紹介していきたいと思います。

月間勉強計画の具体的な例はこちら↓

大学受験の月間勉強計画の説明画像

カレンダーに書き込むやり方もありますが、そこまで厳密に立てる必要はないと思うのでこの例を元に立ててみてください。

無理のない範囲で作成し、目に付くところに貼っておきましょう!

大学受験に向けた月間勉強計画で意識するべきこと

ここからは実際に月間勉強計画を立てる際のポイントを3つ紹介していきます。

月間勉強計画は立てるのが難しい分、この3点をおさえておけば良いものができあがるのでぜひ参考にしてみてください。

その3つのポイントがこちら

・直近の模試を意識する
・重点を置く教科を決める
・重点を置く勉強法を決める

順に解説していきたいと思います。

直近の模試を意識する

月間の勉強計画を立てる目的そのものが直近の模試で良い結果を残すためです。

年間勉強計画を立ててそのままの状態だと

・モチベーション維持が難しい
・自己の成長を感じにくい
・受験を意識しすぎて目の前が疎かになる

など、長期的な目標だけを意識することになるのでデメリットも生じてきてしまいます。

そこで月間勉強計画を立てることで

少年
少年

月末にある模試で自己ベストとろう!

といったように日々の勉強のやる気がupします。

月間の勉強計画を立てる際のゴールは直近の模試にしてそれまでの道筋を考えていきましょう。

次の模試で結果を出せるような計画を立てることが大切
スポンサーリンク

重点を置く教科を決める

具体的にどのように勉強していくかの指標になるのが

・重点を置く教科
・重点を置く勉強スタイル

これらの2つです。

まず、1ヶ月を通じて重点を置く教科を決めてください。

少女
少女

今月は物理強化月間にしよう

といったように何か1つ力を入れる教科を決めることをオススメします。

重点を置く教科を決めることによって

・勉強する教科で迷わない
・直近の模試で結果が出やすい

といったようなメリットがあります。

オススメは苦手教科を採用することですが、受験までまだ時間がある場合は得意教科を伸ばすスタイルでもかまいません。

とにかくやりきる1教科を決めてぶらさないようにしましょう!

ここで1つ注意点としてあげておきます。

その教科だけを勉強するわけではない

当然、1ヶ月を通じて1つの教科のみを勉強するのは勉強効率が悪いです。

あくまでも

重点を置く教科の勉強量を増やす
毎日1題はその教科に取り組む

といったように軸になる教科を決めてバランス良く取り組むようにしてください!

直近の模試で結果を出す1教科を決めよう

重点を置く勉強スタイルを決める

メインで勉強していく教科を決めるのと同時に勉強スタイルも確立させましょう。

ここでいう勉強スタイルとは、記述かマークシートかを定めるということです。

基本的には記述対策をメインに行っていくことがオススメですが

・マーク模試がある月
・共通テスト前の月

など、マーク対策をする必要があると判断した月に関しては勉強スタイルを変えても良いかもしれません。

また、重点を置く教科と併せて考えてみるのもオススメです。

たとえば、

少年
少年

今月は国語のマーク勉強をしよう!

といったように自分の受験スタイルに合う計画を立てるようにすると良いと思います。

ぶれない勉強スタイルを貫いていこう。
スポンサーリンク

大学受験に向けた月間勉強計画・まとめ

今回は理系の大学受験に向けた月間勉強計画について解説しましたがいかがだったでしょうか。

年間勉強計画を立てたら、それを細分化して月間の勉強計画を立てることはとても効率的です。

今回紹介したポイントを踏まえた上でテンプレートを参考にして自分なりの月間の勉強計画を立ててみてください!

直近の模試で良い結果を残すことは受験勉強のモチベーションにつながっていきます。

ぜひ適切な目標を立てて、第一志望合格に向けて日々頑張っていってください

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

入試勉強

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました