理系の大学受験に向けた勉強計画【E判定から逆転合格】

大学受験の勉強計画のアイキャッチ

スポンサーリンク

こんにちは~!KOOMと申します!

今回のテーマは理系の大学受験に向けた勉強計画についてです。

少年
少年

受験勉強を始めたはいいものの何からやれば良いの?

少女
少女

1年間しっかり勉強することってできるのかな

受験勉強を開始したタイミングでこのような悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。

このような悩みの原因は勉強計画の立て方を知らないということにあります。

今回は、塾や予備校に通わずに独学で大学受験を突破した自分が、勉強計画を立てる際のアドバイスを示していこうと思います。

本記事を最後まで読むと

  • 絶対に合格できる最強の勉強計画を立てることができます
  • 独学で第一志望までの道のりをイメージできます
  • 逆転合格を狙うことができます
筆者
筆者

適切な計画を立てて計画倒れしないようにしよう!

スポンサーリンク

大学受験のための勉強計画とは

まずここから詳しく述べていく大学受験のための勉強計画についてどのようなものかを確認しておきます。

勉強計画とは自分を志望校合格まで導いてくれる地図のようなものだと思っています。

  • ゴールに到達するために常に意識するもの
  • 彷徨ったときには見返すことができるもの
  • 絶対的な信頼を置くもの

もしどこか遠くに行きたいと思ったらほとんどの人がナビやマップを使うと思いますが、それの勉強版が勉強計画です。

その勉強計画を立てるに当たってとても大切なことは以下の2つです。

  1. 志望校合格までの間違いない道のりを知っている
  2. 自分が立てた計画をどんなときも信じ切ることができる

学力が確実に上がる勉強の仕方を把握し、それを元に計画を立てる。
そして、その計画を信じて勉強し続けることがとても大切になってきます。

悩む人
悩む人

他の子の勉強ペースよりも遅いけど大丈夫かな…

これから先、勉強を進めていくと自分が今やっていることが正しいのか不安になることが何度もあると思います。

しかし、自分の計画を信じて勉強し続けてください。

筆者
筆者

自分を信じられるのは自分だけです!

勉強計画の重要性

受験勉強をする上で勉強計画を立てることは非常に重要です。

どのくらい大切なものかは、大手予備校のカリキュラムなどを見れば一目で分かります。

大手予備校では、毎日みっちりと講義の予定が詰められており基礎から発展までを段階的に習得していけるようになっています。

受験指導歴が長い予備校ですら勉強の計画を立ててそれに沿って指導しているので、勉強計画の重要性は分かってもらえるのではないでしょうか。

少年
少年

じゃあそもそもなぜ勉強計画を立てることが重要なの?

自分が考える勉強計画が重要な理由はこれらの3つです。

  1. 勉強効率を引き上げるため
  2. モチベーションを維持するため
  3. 目標を常に意識するため

順に簡単に解説していきます。

勉強効率を引き上げるため

まず、勉強の計画を立てているか立てていないかによって勉強への入りが異なってくるのは想像できると思います。

少年
少年

今日は英語と数学の復習をするつもり!

少女
少女

数学の予習は明後日までだから後回しで
化学の復習は今日した方が良くて…

この二人がどちらが先に勉強を始める段階に移れるかは言うまでもないと思います。

勉強をする上で量を重視するか質を重視するかはよく議論されますが
勉強計画を立てることによって量と質の両方を引き上げることができると思います。

その結果、勉強の効率が上がることになり、学力アップにつながるというわけです。

モチベーションを維持するため

2つ目は、日々の学習の中でモチベーションが維持しやすいという理由です。

受験生の夏あたりは、誘惑も多く、受験までまだ期間があるような気がして気が緩んでしまいがちです。

また、こんなことをしているのが正解なのか途方に暮れることもあると思います。

そんなときに月間の勉強計画などがあれば自分の立ち位置を再確認できて志望校合格に対するやる気がわいてくると思います。

また、勉強計画を立て続けることで過去の自分と比べて今の自分が変化したのかを比較しやすくなります

真摯にコツコツと勉強をしている人は必ず伸びているはずなのでそれも1つのモチベーションになると思います!

目標を常に意識するため

最後は受験勉強をしていくにあたって最も重要な部分です。

毎日闇雲に勉強をしているといつか必ず折れる時期が来てしまいます。

悩む人
悩む人

今何のために勉強をしているんだっけ

悩む人
悩む人

勉強なんかせずに遊んでいれば良くない…?

このような悩みの根本的な原因は、目標を意識していないことにあります。

はっきりいって、目標に対する強い意志がない人は絶対に合格できません

常に目標を意識してそこにたどり着いてやるという強い気持ちのある人だけが成功する可能性を持っています。

辛い受験期間を乗り越えるためには勉強計画を立てて目標を明確化することが非常に重要というわけです。

スポンサーリンク

勉強計画を立てる際の4つのポイント

ここからは勉強計画を立てるに当たって意識するべきポイントについて解説していきます。

大学受験に向けた勉強計画を立てる上で絶対に意識したいポイントは以下の4つ

  1. 志望校は本志望より少し上を
  2. 勉強する教科の重きを整理
  3. 期間ごとの計画を立てる
  4. 勉強時間<勉強量

 

順に説明していきたいと思います。

①志望校は本志望より少し上を

まず、受験勉強を始めるに当たって志望校を確立させることが最も重要です。

志望校を確立させることで

  • するべき勉強量
  • 必要な学習到達度
  • 大学の出題傾向

など、これから勉強していく上で軸となる部分をはっきりさせることができます。

志望校を決める際のアドバイスとしては

第一志望よりも少しレベルの高い所を第一志望に掲げようということです。

悩む人
悩む人

ん~どういうこと?

という方に向けて1つ例を示しておきます。

志望校決定のコツ

このようなかんじで、同大学同学部の異なるコースを第一志望に設定しておくことをオススメします。

その際に本志望よりも少しだけレベルの高い所を掲げると良いと思います。

得られるメリット

  • 模試の志望校欄の迷いが減る
  • 常に高みを目指すことができる
  • 油断や余裕が生まれない

第一志望の合格を確実にしたいのなら、油断は禁物です。
常に上を目指せるように適切な目標を掲げてから勉強に入っていきましょう。

志望校は本志望+αの所を掲げよう

②勉強する教科の重きを整理

志望校を掲げたら実際に勉強に取り組んでいきましょう。

ここで生じてくる悩みが

少年
少年

で、具体的に何を勉強すれば良いの?

この悩みに対するヒントは志望校の過去問に隠れています

志望校の分析をすることで

  • 頻出分野
  • 目標学習到達度
  • 一次試験の得点配分

など多くの情報を把握でき、具体的にどのような勉強をしていけば良いのかをはっきりさせることができます。

その後はどの教科に重きを置けば良いのかを把握し、それに合った勉強計画を立てていきます。

少年
少年

数学は数Ⅲがメインだからそこを頑張ろう

少女
少女

国語の一次試験配分が大きいから早めに準備しよう

などその志望校にあった勉強内容を確立させてください。

そしてそれを1年間の軸にして勉強を進めていきましょう!

過去問などのデータから志望校を分析して勉強計画を立てる。

③期間ごとの計画を立てる

どのような勉強をしていけば良いかが把握できたら具体的な計画を立てていきます。

このときに大切なのが期間ごとの計画を立てるということです。

  1. 年間の勉強計画
  2. 月間の勉強計画
  3. 週間の勉強計画
  4. 1日の勉強計画

このようにスパンを分けて計画を立てることが非常に重要です。

年間の勉強計画

まず受験勉強を始めようと思った日に大学受験までの勉強計画をざっくりと立ててみてください。

この時点で最低限書くこと

  1. 時期ごとの理解度目標
  2. 模試や学校行事の予定

このあたりは最初に把握しておくとスムーズに進むと思います。

この年間計画は常に目に付くところに置いておき、随時書き加えていくと良いと思います。

この記事では年間計画の立てる際のポイントを紹介しているので、是非参考にしてみてください。

月間の勉強計画

次に月間の勉強計画については、新たな月が始まるタイミングで作成することをおすすめします。

受験勉強を開始した日は先ほどの年間勉強計画と月間勉強計画を立てる必要があるということです。

月間の勉強計画を立てたことがない人は多いと思いますが、意外と大切なのでしっかりと立てることをおすすめします。

月の開始時点で最低限書くべき事

  1. 今月の考査や模試の予定
  2. 今月の学校行事予定
  3. 何の教科を強化するか

月間の勉強計画を立てる際のポイントは、重点を置く教科を絞ってみるということです。

受験直前でない限り、苦手教科を一気に勉強したり得意教科をグンと伸ばすために1教科を決定すると良いと思います。

月間勉強計画の立て方のポイントについて詳しく知りたい方はこちらの記事を参照してみてください。

週間の勉強計画

受験勉強をしていく上でかなり大切になってくるのがルーティン化することです。

少年
少年

ん?るーてぃん?

簡単に言うと習慣づけてしまうことが大切ということです。

そのルーティンを作っていく上で週間の勉強計画を立てることはとても大切になってきます。

週間の勉強計画を立てるのは毎週月曜日の勉強開始前が良いと思います。

年間の勉強計画や月間の勉強計画と異なり、かなり厳密に計画を立てることをおすすめします。

少女
少女

週間の勉強計画なんていらないよ!

このようなスタンスの人もいると思いますが、実際に立ててみるとかなり勉強の進みが良くなることを実感すると思います。

週間の勉強計画について詳しく知りたい場合はこちらの記事をチェックしてみてください。
勉強計画がうまく作成できない人には必見の内容になっています。

1日の勉強計画

最後はその日勉強することをしっかり決めてしまおうということです。

これまでの3つの計画を元に、その日の朝もしくは勉強開始前に今日やることを紙に書き出すようにしてください。

これまでの3つの計画と比べて、1日の勉強計画を立てることは圧倒的に重要です

計画倒れしないためにも必ず勉強計画を立ててからその日の勉強に入るようにしてください。

立てる際には紙に書くか、Todoistというアプリを使うことをおすすめします。
こちらの記事の後半でTodoistというアプリの使い方を画像付きで説明しているので参考にしてみてください。

また、実際に自分が立てていた勉強計画のテンプレートをこちらに載せてあるので立て方が分からない方は是非チェックしてみてください。

④勉強時間<勉強量

勉強の計画を立てる上でよくあるミスが

少年
少年

今日は8時間やろう!!

といったように時間を決めてしまうことです。

勉強を始めたばかりの時期は、学習時間の確保が最優先なので時間にこだわるのはすごく大切ですが、徐々に勉強の量に意識を向けていきましょう

具体的には

少女
少女

今日は数学5題と英語の長文2つ終わらせよう

といった感じで勉強する量で計画を立ててみてください。

勉強量で計画を立てることの方が良い理由は以下の通り

  • 時間にこだわらずに質の高い学習ができる
  • 時間を増やせば理解度が上がるわけではない
  • やりきった満足感が生まれる

時間で考えるより量で考えた方が学習効率が格段に上がり、計画倒れしにくくなります

ぜひ参考にしてみてください。

最低限の時間は確保し、あとは勉強量にこだわろう。
スポンサーリンク

まとめ

今回は理系の大学受験に向けた勉強計画について解説しましたがいかがだったでしょうか。

いざ受験勉強を始めようと思ってもなかなかうまく切り替わらない人は多いと思います。

そんなときは今日紹介したポイントを押さえて勉強計画を立てることからスタートしてみてください!

目標のない道のりは長くて辛いものです

強い気持ち継続力で、受験期間を乗り越えて第一志望合格を実現させましょう!

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

入試勉強

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました