理系生は大学受験の勉強計画をどう立てる?逆転合格するためのプランを練ろう

大学受験の勉強計画のアイキャッチ
  • 毎日何の勉強をするべきか分からない
  • 受験当日までの期間で何をすべきか分からない
  • 勉強しようと思うが結局ダラダラ過ごしてしまう
  • 「今日くらい良いか」とサボってしまいがち

このような悩みの原因は、受験に向けた勉強計画を立てられていないことにあります

本記事では、大学受験に向けて勉強計画を立てる重要性と立てる際のポイントを紹介していきます。


ここで紹介する内容は、E判定から逆転合格した筆者が実戦していた方法に基づいています。勉強計画について参考になるところがあれば幸いです。

勉強計画をしっかりと立てられるかどうかが受験の合否を左右するといっても過言ではありません。
志望校合格を実現するために、ブレない計画を立ててから勉強していきましょう。

勉強計画の具体的な立て方をすぐに知りたい方は以下のリンクから該当箇所に飛ぶことが出来ます。

>>勉強計画の立て方の紹介にジャンプする

筆者
筆者

受験勉強の幹となる勉強計画を立てていきましょう!!

勉強の集中が続かない方におすすめ

大学受験に勉強計画はなぜ重要?

冒頭にも述べたように、勉強計画を立てること、そしてそれに沿って勉強していくことはとても大切です。

勉強計画はなぜ重要なのか。勉強計画を立てて勉強することで以下のようなメリットがあります。

勉強効率を引き上げられる

勉強計画をしっかりと立てておくと、その日の勉強を始めやすくなります

  • やるべき教科が決まっている
  • やるべき教材が決まっている
  • やるべき勉強量が決まっている

勉強を開始する時点でこのような状態になっていると、スムーズに勉強を開始することが出来ます。

勉強計画をしっかり立てることで、「やるべきこと」が明確になり、勉強の効率を上げられるということです。

筆者
筆者

勉強を開始するまでに時間を割いてしまって、結果的にやる気がなくなるって人いませんか?!

また、事前に計画を立てておくことで勉強中にやるべきことを思い出すという状況がなくなります。

  • 何を勉強しようか毎日迷っている
  • 机に向かってから勉強開始までが長い
  • 勉強中に次々とやるべきことが出てくる

このような状態にある方は、是非勉強計画を立ててから勉強するようにしてください。

特に、1日の勉強計画を立てることによって間違いなく勉強効率は上がります

>>1日の勉強計画の立て方にジャンプする

モチベーションを維持できる

勉強計画をしっかり立てておくと、日々の勉強のモチベーションを維持しやすいです。

受験生の夏あたりは、誘惑も多く、受験までまだ期間があるような気がして気が緩んでしまいがちです。

  • 毎日同じような日々を過ごして意味あるのかな
  • 遊ぶのを我慢してまで勉強する必要あるのかな
  • このまま勉強していて合格できるのかな

受験勉強をしていてこのような感情に何度も襲われると思います。

そのようなときに、1年間の勉強計画のような長期的な計画があれば、目標を再認識することが出来るのでモチベーションが低下しづらくなります

>>1年間の勉強計画の立て方にジャンプする

筆者
筆者

最終的なゴールを思い出すことで勉強のエンジンが入りやすくなりますよ。

また、勉強計画を立て続けることで過去の自分と比べて今の自分が成長しているかを比較しやすくなります。

  • 去年は分からなかったが今は分かる
  • 先月の模試では解けなかったが今は解ける
  • 昨日出来なかったことが今日できた

このような小さな成長の積み重ねによって、学力は徐々に上がっていきます。

この達成感を実感するためにも、勉強計画を立てておくことは重要です。

筆者
筆者

モチベーション維持は全受験生の課題・・・
勉強計画を立てて、心が折れないようにしていこう!!

目標を常に意識できる

がむしゃらに勉強をしていると、最終的な目標を見失ってしまいがちです

しかし、目標を見失ってしまった人がその目標を実現するのは難しいです。
目標は常に見失わないように意識しておく必要があります。

  • ○○大学で勉強したいから
  • 医者になりたいから
  • 憧れのキャンパスで学生生活を過ごしたいから

このような目標をしっかり意識した上で勉強することで、志望校合格に近づいていくと思っています。

筆者
筆者

個人的にも闇雲に勉強していてもなかなか学力が伸びないっていう実感がありました・・・

あらかじめ勉強計画をしっかりと立てておき、それに沿って勉強することで目標から外れることなく勉強していくことが出来ます。

勉強計画は、自分の中のロードマップ的な存在ということです。

勉強計画を立てる際の4つのポイント

ここからは勉強計画を立てるに当たって意識するべきポイントを紹介していきたいと思います。

大学受験に向けた勉強計画を立てる上で絶対に意識したいポイントは以下の4つです。

順に説明していきたいと思います。

①志望校を本志望より少し上に設定

まず、受験勉強を始めるに当たって志望校を確立させることが最も重要です。

志望校が決まると・・・
  • 必要な勉強量が分かる
  • 最終的な学習到達度が分かる
  • 出題傾向に沿った勉強ができる

志望校を決める際におすすめなのが、「第一志望よりも少しレベルの高い所を第一志望に掲げる」ことです。

志望校決定のコツ
志望校決定のイメージ

個人的にこのように志望校を設定したことによって、いくつかメリットがあったように感じました。

生じるメリット
  • 常に高みを目指すことができる
  • 油断や余裕が生まれない
  • 最後の最後まで伸び続けられる

第一志望の合格を確実にしたいのなら、油断は禁物です。
常に上を目指せるように適切な目標を掲げてから勉強に入っていきましょう。

筆者
筆者

志望校は本志望+αの所に設定しよう!!

②勉強する教科の重きを整理

志望校を掲げたら、どのように勉強を進めていくかを決める必要があります。

その際におすすめなのが、志望校の過去問分析をすることです

  • 頻出分野
  • 一次試験の得点配分
  • 必要な学習到達レベル

過去問を見るだけで、これら多くの情報を把握でき、具体的にどのような勉強をしていけば良いのかをはっきりさせることができます。

その後はどの教科に重きを置けば良いのかを把握し、それに合った勉強計画を立てていきます。

  • 数学は数Ⅲが頻出→数Ⅲの勉強を多めに
  • 国語の配点が大きい→早めから対策
  • 理科は1科目のみ→化学に重点を置く

このように大まかな方針を立ててから、より詳細の勉強内容を決めていくと良いと思います。

筆者
筆者

この方針を軸として勉強を進めていきましょう!

③期間ごとの計画を立てる

どのような勉強をしていけば良いかが把握できたら具体的な計画を立てていきます。

筆者は勉強計画を4つに分けて立てることをおすすめします。

  1. 1年間の勉強計画
  2. 1ヶ月間の勉強計画
  3. 1週間の勉強計画
  4. 1日の勉強計画

このようにスパンを分けて計画を立てることが非常に重要です

それぞれの計画の立て方が早く知りたい方はこちらからジャンプすることができます。
>>勉強計画の立て方にジャンプする

④勉強時間より勉強量

具体的に勉強の計画を立てる際に意識して欲しいことが、「勉強時間ではなく勉強量で計画を立てる」ということです。

少年
少年

今日は8時間勉強しよう!!

このような計画の立て方は、実はあまりよくありません

勉強時間を意識すると・・・
  • 時間にこだわりすぎて質が下がる
  • 「時間を増やせば理解度が上がる」と誤解する
  • 長い時間やったという達成感に満足してしまう

勉強を始めたばかりの時期は、学習時間の確保が最優先なので時間にこだわるのはすごく大切ですが、徐々に勉強の量に意識を向けていきましょう

少年
少年

今日は数学5題と英語の長文2つ終わらせよう

具体的にはこのような感じで勉強する量で計画を立ててみてください

時間で考えるより量で考えた方が学習効率が格段に上がり、計画倒れしにくくなります。ぜひ参考にしてみてください。

期間別の勉強計画の立て方

ここでは、4つの勉強計画の具体的な立て方について解説していきます。

筆者
筆者

全部の計画を立てることを強くおすすめします。
どうしても難しい場合は、立てやすいものからでもOKです!!

1年間の勉強計画

まず受験勉強を始めようと思った日に大学受験までの勉強計画をざっくりと立ててみてください。

何を書けば良いの??
  • 時期ごとの理解度目標
  • 模試や学校行事の予定

1年間の勉強計画には、1年の大まかな流れをおさえておきましょう。
また、この年間計画を常に目に付くところに置いておき、随時書き加えていくと良いと思います

より詳しい内容に関しては「理系の大学受験に向けた年間勉強計画【計画の立て方のポイント付き】」で紹介しているので是非参考にしてみてください。

1ヶ月間の勉強計画

次に月間の勉強計画については、新たな月が始まるタイミングで作成することをおすすめします。

月間の勉強計画を立てたことがない人は多いと思いますが、意外と大切なので是非立ててください。

何を書けば良いの??
  • その月の考査や模試の予定
  • その月の学校行事予定
  • 何の教科を強化するか

月間の勉強計画を立てる際のポイントは、重点を置く教科を絞ってみるということです。

受験直前でない限り、苦手教科を一気に勉強したり得意教科をグンと伸ばすために力を入れる1教科を決定すると良いと思います。

筆者
筆者

バランスよく勉強する中で特に頑張る教科を決めるのがおすすめ!!

もっと詳しい計画の立て方については「理系の大学受験に向けた月間勉強計画【具体例とポイント紹介】」で紹介しています。

1週間の勉強計画

受験勉強を習慣化する上で、重要な役割を果たすのが1週間の勉強計画です。

1週間の勉強計画を立てるのは毎週月曜日の勉強開始前がおすすめです。

何を書けば良いの??
  • その週にメインで使う教材
  • 週末の模試などの予定
  • その週に達成したい小さな目標

年間の勉強計画や月間の勉強計画と異なり、毎日の勉強に即した内容を書くようにしてください

筆者
筆者

イメージ的には「1日の勉強計画のまとめ」のような感じです。

この1週間の勉強計画に基づいて、毎日の勉強計画を立てていくことになるので、丁寧に立てることをおすすめします。

より詳しい計画の立て方については「理系の大学受験に向けた1週間の勉強計画【ポイントは4つだけ】」で説明しています。

うまく計画が立てられない人は、1週間の勉強計画を見直してみると良いと思います。

1日の勉強計画

最も重要になるのが1日の勉強計画です。

これまでの3つの計画を元に、その日の朝もしくは勉強開始前に計画を立てるようにしてください。

何を書けば良いの??
  • その日に使う教材
  • 勉強する教科の配分
  • 勉強する量(問題数・ページ数)

計画を立てる際には紙に書くか、Todoistというアプリを使うことをおすすめします。

Todoist: ToDoリスト・タスク管理・リマインダー
Todoist: ToDoリスト・タスク管理・リマインダー
開発元:Doist Inc.
無料
posted withアプリーチ

iPadを使った勉強は高校生にもおすすめできるのか【iPad勉強法】」でTodoistというアプリの使い方を画像付きで説明しているので参考にしてみてください。

また、実際に自分が立てていた勉強計画のテンプレートを以下の記事に載せてあるので是非参考にしてみてください。
>>大学受験勉強【1日の勉強計画の立て方】

筆者
筆者

これら4つの勉強計画を元に、日々の勉強に取り組んでいってください!!

まとめ | 勉強計画をしっかり立てて受験勉強していこう

以上、大学受験に向けた勉強計画について、重要性や立てる際のポイント、具体的な立て方について紹介しました。

勉強計画を立てて日々の勉強に取り組むことで間違いなく志望校合格に近づいていきます。

筆者
筆者

計画を立てて毎日勉強をがんばっていきましょう!!

入試勉強

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました