定期テストに本気で取り組む意味は果たしてあるのか[中高生向け]

定期テスト勉強を頑張る意味のアイキャッチ

スポンサーリンク

今回は中高生が定期テストに本気で取り組む意味はあるのかというテーマについてです。

少年
少年

定期テストって受験と関係あるの?

少女
少女

定期テストって頑張らなくても良いのかな?

といった疑問を持っている人に向けて、中高6年間で一度も定期テスト勉強をサボらなかった自分が定期テストの大切さをお伝えしていこうと思います。

本記事の筆者は入学時には3桁台の順位だったにも関わらず、一年足らずの間に学年トップ3に入った経験を持っています。

最初に結論をお伝えすると、中高生は定期テストに本気で取り組むべきです。狂ったように勉強をするべきだと思います。

筆者が沿う思う理由を中心に定期テストについて色々述べていきたいと思います。

本記事を読むと分かること

  • 定期テストから何が得られるか
  • 定期テストを頑張ると起こる良いこと
  • 定期テストを攻略するための知識
筆者
筆者

中高で定期テストガチ勢だった立場から語っていくよ!

スポンサーリンク

定期テストは本気で取り組むべき?

定期テストの勉強をや導入画像導入画像

まず最初に自分は、定期テストの勉強には死ぬ気で取り組むべきだと考えています。

自分自身が高校生だったときには

少年
少年

大学受験には内申いらないよ~

少女
少女

定期テストできても模試で点取れないなら意味ないよ~

といっている同級生や先輩がたくさんいました。

しかし、自分自身が中高6年間でずっと本気で取り組んだ結果、定期テスト勉強は本当に大切なものだと理解しました。

定期テストが重要だと理解した理由

  • 得られるものが大きすぎる
  • 取り組んだ結果、メリットがたくさんあった
  • 勉強の本質を理解した

今回の記事では自分が定期テストを通じて得たものたちをすべて公開していきたいと思います。

定期テストから得られるもの

少年
少年

定期テスト勉強なんて意味ないよ~

なんてことを言っている人が一生得ることがないものを3つ紹介していきます。

定期テストから得られる3つのもの

  1. 内申点
  2. 他人との競争心
  3. 勉強する癖

順に紹介していきます。

①内申点

まず、定期テストで良い結果を残すと何が良いのかを考えたときに一番最初に思い浮かぶのがこの内申点だと思います。

中学生ならば、この内申点をもとに受験する高校を決定することになるので、内申点はとても重要な指標です。

高校生にとっては中学生ほどは重要な指標ではないですが、

  • 指定校推薦
  • 公募推薦

といったような推薦入試には間違いなく影響してくるものになります。

現在の中高教育において、内申点を決める材料はほぼ定期テストだけだと思っていて良いと思います。

先生
先生

みんなの授業態度も含めてるからな~

といっている先生も多いと思いますが、実際にはほとんどの場合が定期テストの点数を元にしていると言って良いほど定期テストの点数が占める割合は大きなものです。

内申点を稼ぐ必要がある人は、本気で定期テストに挑んでください。

②他人との競争心

2つ目は友人との間に生まれる競争心です。

自分自身が定期テストを通じて得た一番の財産はこれだと思っています。

自分が通っていた中学、高校では学年順位がテストごとに発表されたのでそれを元に友人と常に競っていました。

  • 今度はあの子に勝ちたい
  • 次回もあの子よりもいい順位をとりたい
  • 学年上位の賢い人に近づきたい

このような気持ちを持つことで定期テスト自体に対するモチベーションもかなり維持されていました。

また、定期テストの順位などで他人と競うことで

  • 自分自身に自信がつく
  • 負けず嫌いになり、勉強がはかどる
  • 自己満足をしなくなる

など定期テストに限らず、受験や部活など他の面でも様々な恩恵を得ることができました。

ここでいう競争心は

  • 他人と自分を比べ続けよう
  • 常に他人に勝ち続けよう
  • 相手よりも常に優位にいよう

といったような意味ではなく、切磋琢磨して頑張っていこうという意味だと思ってください。

友人と切磋琢磨することによって、自他共に確実にレベルアップできます!

③勉強する癖

3つ目は勉強する癖がつくということです。

自分自身は中高生の時に、定期テスト期間以外は全く勉強時間を確保していませんでした。

そのため受験勉強を始めても、すぐに勉強に取り組んでいけるかがとても不安でした。

しかし、定期テスト期間に勉強を頑張っていたため、

  • 勉強計画の立て方
  • 目標達成のためにするべきこと
  • 1日の勉強時間の目安

などを色々理解できており、結果的にスムーズに勉強を始めることができました。

勉強する習慣や癖がある人は、いざ本気で頑張りたいときにその成果を発揮すると思うので是非定期テスト勉強は大事にして欲しいと思います。

自分自身が定期テスト勉強を経て、実際に受験期間でも重宝した勉強計画の立て方を以下の記事で紹介しています。

少年
少年

毎日の勉強を効率よく進めていきたい…!

という人は是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

定期テストに本気で取り組むとどうなる?

ここでは、定期テストには本気で取り組むと具体的にどんなことが起こるのかを解説していこうと思います。

先ほど、定期テストから得られるものを3つ紹介しましたが、より具体的に得られる恩恵を述べていきたいと思います。

定期テストを経て起こる5つのこと

  1. 自信がつく
  2. 内申が上がり、受験に直結する
  3. 推薦入試が有利になる
  4. 受験勉強をするときのストックになる
  5. 模試での点数が上がる

順に説明していきたいと思います。

①自信がつく

まずは先ほど少し触れた自信がつくということです。

定期テストに対して本気で向き合うと、その結果がどうであれ

少年
少年

自分はこんなにも勉強することができたんだ

少女
少女

学校で習ったときよりも遥かに理解できた

というように勉強に対する自信が必ずつきます。

その自信をバネにして次のテストでもまた頑張ろうと思ったり、受験勉強に置いても諦めずに頑張ろうと思えるものです。

悩む人
悩む人

自分は全然できない人なんだ。

悩む人
悩む人

いつも誰かに負けてばっかり…

というように自分に自信がない人はモチベーションがなかなか上がらず、結果的にうまくいかないことが多いです。

何かに本気で取り組んだ経験があるということが間違いなく自信につながります

中高生にとっては定期テストがそのきっかけに十分なるのではないでしょうか。

勉強をしていく過程で、「自分はやればできるんだ」ということを是非感じてもらいたいです。

②内申が上がり、受験に直結する

これは主に中学生の話になります。

高校受験をする際に大半の人が、一般入試という形で受けることになると思います。

その際の合否を決めるのが、内申と当日点です。

内申に重きを置いている学校、当日点に重きを置いている学校はそれぞれありますが、どちらも高いレベルでとっておくことで受験はかなり優位に進みます。

自分と高校受験をともにした友人の中には内申点が1足りずに、他の人に繰り上げ合格を許してしまった人もいました。

最後に内申点で泣くこともあるので内申点を稼ぐためにも定期テストは頑張るべきだと思います。

③推薦入試が有利になる

中学生は

  • 私立高校の専願
  • 公立高校の推薦入試

このあたりで、日々の頑張りを評価するために内申点が用いられることが多いです。

高校生の場合は

  • 私立大学の指定校推薦
  • 私立大学の公募推薦
  • 国公立大学の公募推薦

このあたりで評定平均をもとに学校内で審査を行う事が多いです

大学受験の入試方式を大まかにおさえたい人は「」で解説しているので参考にしてみてください。

高校入試、大学入試どちらも日々の頑張りを評価する内申点がとても重要ですが、先述したとおり、内申点を決めるポイントは定期テストの出来です。

少年
少年

推薦で高校入学を決めたい!

少女
少女

難関私立の指定校をもらいたい!

といった人は是非定期テストに本気で向き合うことをおすすめします。

④受験勉強をするときのストックになる

先ほど、定期テストの経験を通じて勉強計画の立て方などを習得し、受験勉強がスムーズになったという話をしました。

しかし、定期テストの経験を通じて受験勉強に活かすことができたのは習慣面だけではありません。

自分自身、受験勉強をしていて勉強面でも大きな恩恵を受けられたと思っています。

テスト期間はとにかく暗記し、問題集を何周も解いて解法を覚え、テスト当日はただアウトプットするだけ。

定期テストを勉強するサイクル

このスタイルを貫いたおかげで受験勉強の入りが全く違いました。

よく定期テストはコツコツ毎日やることによって培ってきた知識を出す場だから、前日詰め込み型は長い目で見ると意味がないという内容の記事を見かけます。

確かに、理屈ではあっていると思いますし、自分もずっとそうであると信じていました。

しかし、実際に自分自身が受験勉強を開始してみると

筆者
筆者

ここ頑張って覚えたような気がするよな…

という感じでわずかながら記憶が残っていることがよくありました。

定期テストの勉強は受験勉強に活きないと思っている人は、だまされたと思って定期テスト勉強を頑張ってみることをおすすめします(笑)

筆者
筆者

受験勉強をするときにその効果を実感できるはず!

⑤模試での点数が上がる

よく聞かれる質問の一つにこういうのがあります。

少年
少年

模試ってどんな勉強してましたか?

模試に関しては今までの全範囲からの出題になるので、一週間前や前日からの勉強では太刀打ちできるわけがないです。

そんなときの自分の回答は決まって以下の通り。

筆者
筆者

日々の定期テストの記憶の範囲で解いてた!

自分自身、定期テスト期間意外にはなかなか勉強時間を確保できなかったので模試に向けた勉強をする時間がありませんでした

それでも模試でそれなりの(良くはないですが)点数をとれていたのは定期テストの積み上げがあったからだと確信しています。

悩む人
悩む人

模試の点数がなかなかとれなくて…

という人はあえて定期テストのアプローチを考え直すと良いかもしれませんよ!

定期テストを受けるに当たって

最後に、定期テストの学習をしていくにあたり、意識しておいて欲しいポイントを3つ紹介していきます。

定期テストを受けるに当たって意識すべき点

  1. 定期テストは暗記だと理解する
  2. 勉強量を重視する必要がある
  3. なるべく全教科まんべんなく取りに行く

順に簡単に説明していきます。

定期テストは暗記だと理解する

最初に言わせてください。

定期テストはセンスでも才能でもなく、暗記ですべて決まります。

クラスの中に毎回定期テストの点数がいい人がいるとして、その人に対して

少年
少年

あの子は才能があるからな~

なんて思ったことはありませんか?

自分自身、どんだけ勉強しても勝てない子がいたときについこう思ってしまったことがあります。

しかし、自分とその子の点数の差はセンスや才能によるものではなく、単なる努力の差でした。

高い点数をとっている人は間違いなく自分よりも勉強しているということを理解しておいてください。

そして、定期テストは暗記が勝負なので、とにかく勉強時間を確保して勉強することが大切なんだということを把握しておいてください。

勉強量を重視する必要がある

定期テストは暗記が勝負ということで、定期テストを攻略するには勉強量をとにかく増やすことが大切です。

教科書の範囲を何度も読み込み、学校のワークに何周も取り組むことが大切です。

定期テストを攻略するために重要なのは反復することです。

筆者
筆者

何度も何度も復習して使える知識として蓄えていきましょう!

定期テスト勉強をする上で絶対に試して欲しい最強の勉強法を以下の記事で紹介しているので、定期テストで無双した人は是非チェックしてみてください!

なるべく全教科まんべんなく取りに行く

基本的に定期テストでは苦手教科や捨てる教科を作らないように心がけてください。

少年
少年

ちょっと今回国語は捨てました

少女
少女

歴史苦手なのでほぼノー勉です

といったような報告を塾の生徒がたまにしてきますが、本当にやめて欲しいです(笑)

苦手教科を定期テストで捨ててしまうと、受験勉強でも捨てる癖がついてしまうので頑張って取り組むようにしてください。

しかし、入試に絶対に使わない教科の勉強をどうするかは自分自身で判断すると良いと思います。

以前、ある生徒からこのような質問を受けました。

悩む人
悩む人

工学部志望で、世界史のテストはどうすれば良いですか?

この質問に対して自分はこのように答えました。

筆者
筆者

それに関しては他の理系科目を頑張った方が良いよ!

絶対に入試に使わない教科の定期テストがある学校も多いと思いますが、このような場合に限っては捨てても良いと思います(笑)

内申点を重視する指定校推薦などを狙っている場合は例外なので、必要か不要かをよく考えて判断して欲しいです。

スポンサーリンク

まとめ

今回の内容のまとめ

今回は自分の定期テストに対する考え方をお伝えしましたが、みなさんの考え方はどのようなものでしょうか。

自分自身、定期テストに本気で向き合ったからこそ今の自分があると思っています。

定期テストに対する考え方は人それぞれです。

今回紹介した内容を参考に頑張っていって欲しいと思います!

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

定期テスト勉強

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました