理系の大学受験に向けた1週間の勉強計画【ポイントは4つだけ】

大学受験の1週間勉強計画のアイキャッチ

こんにちは~!KOOMと申します!

今日は大学受験に向けた1週間の勉強計画について書こうと思います。

月曜日から新たな1週間が始まるに当たって、あまり勉強のスイッチがうまく入らない人も多いのではないでしょうか。

そんなときにオススメしたいのが1週間の勉強計画を立ててみるということです。

勉強計画を立てることによって

・勉強モードに切り替え
・1週間やるべき事を明確化

これらのメリットが得られ、新たな1週間において良いスタートを切ることができます

また、1年や1ヶ月の計画とは違って目の前のやるべき事が明確になり、日々の勉強の進みが良くなるでしょう。

今回は1週間の勉強計画の具体的な立て方のポイントと実際の例を示していきたいと思います。

また、全体の勉強計画の立て方のポイントはこちらにまとめてあります。
ぜひこちらを確認してから具体的な勉強計画の立て方を見ていってください↓

本記事を最後まで読むと

  • 1週間の勉強計画を立てる際のポイントが分かります
  • 1週間の勉強計画のテンプレートを得られます
  • 計画倒れしない最強の勉強計画を作成できます

そのテーマに対する自分の経歴

高校3年生の自分は基本的に土日は朝から晩まで地元の図書館にこもって勉強し続けていました。

土日に特に休息を挟むわけでもなく、また月曜日から新たな1週間が始まる。

そのような1週間を繰り返していました。

筆者
筆者

なんか今日、やる気でないな~

自分は毎週月曜日にこんな気持ちになってなかなかスイッチが入らない状況が続いていました。

そんなときに、友人が月曜日の放課後に何やら書いているのを発見し、それをパクらせていただきました。

それが1週間の勉強計画です。

今回は自分が友人がらパクらせていただいた最強の勉強計画を元に、

・計画を立てる際のポイント
・具体的な計画の例

を紹介していきたいと思います。

何かの参考になれば幸いです。

それでは早速行ってみましょう。

スポンサーリンク

大学受験に向けた1週間の勉強計画

ここからはこのような流れで紹介していきたいと思います。

1週間の勉強計画のテンプレート
1週間の勉強計画を立てるポイント

例を示しながら説明していくのでぜひ最後まで見て参考にしてみてください。

大学受験に向けた1週間勉強計画のテンプレート

まず最初に、1週間の勉強計画のテンプレートを紹介します。

それがこちら↓

大学受験の1週間の勉強計画の具体例

この段階ではまだ厳密に計画を立てる必要はないです。

少年
少年

月曜日の朝9時から数学の問題集を…

このようにすべてを週の始まりに立てていても基本的に計画通りには進みませんし、計画を立てるだけでかなりの時間を食ってしまいます。

まずはあっさり最低限おさえるべき所を書いておきましょう。

これから紹介するポイントを押さえて完成したら、勉強するときに目に付くところに置いておきましょう!

大学受験に向けた1週間勉強計画で意識するべき4つのこと

ここからは実際に月1週間の勉強計画を立てる際の4つのポイントを紹介していきます。

悩む人
悩む人

1日ごとの勉強計画と同じじゃないの?

年間、月間の勉強スケジュールを立てる人は多いものの、1週間の勉強計画を立てる人はあまりいません。

その理由に、1日の勉強計画と同じだと考えている人が多いからです。

しかし、1週間の勉強計画を立てることで始めて1日の勉強計画が立てられるので1週間の勉強計画はとても大切なものです。

実際に計画を立てる際のポイントは以下の4つ↓

  1. 月間の勉強計画から落とし込む
  2. 先週の繰り越しを考慮する
  3. 暗記系は曜日固定
  4. 扱う問題集を固定する

順に解説していきたいと思います。

月間の勉強計画から落とし込む

勉強計画の立て方としては、長期計画をどんどん短期計画に落としていくのが鉄板です。

自分が作った年間、月間勉強計画を元に1週間も頑張っていくことが大切です。

大学受験の月間勉強計画の説明画像

例えばこのような月間の勉強計画を立てた際の具体的な1週間の勉強計画は先ほどの例で示したこんな感じ↓

大学受験の一週間の勉強計画の具体例

とにかく月間の目標や計画を意識した上で、計画を立てるようにしてください。

計画は長期計画から短期計画に細分化。

先週の繰り越しを考慮する

1週間の勉強計画は、前提として「無理のない範囲」で立てることをオススメします。

少女
少女

数学を100題と化学を50題と…

このような計画を立ててしまうとパンクしてしまう危険性がかなり高いです。

自分にこなせる量を設定することを心がけてください。

しかし、どれだけ頑張って計画を立てても1週間で終えられない場合もあります。

そういう場合には翌週に繰り越して優先的に実行するということを意識してください。

自分にとって必要なことは後回しにするべきではありません。

前の週からの繰り越しがある前提で1週間の勉強計画を立てるようにしてください!

無理のない範囲で、計画倒れを防ごう。

暗記系は曜日固定

大学受験に向けた勉強において暗記する必要があるものはいくつかあります。

・英単語
・古文単語
・地理のいろいろな名称

などなど、これらの暗記系のものは曜日を固定してその日に行うことをオススメします。

暗記というのは反復がマストになってきます。

最適な復習タイミングで継続して勉強するためにも毎週何曜日かにそれぞれの項目を入れるようにしましょう。

最適な復習タイミングを2つの理論から解説している記事はこちらを参考にしてみてください。

この最強の学習方法を1週間の勉強計画にも組み込んでみてください!

暗記は反復。曜日を固定して半強制的に行おう。

扱う問題集を固定する

月間の勉強計画を立てる際のポイントとして重点を置く教科を決める事をあげています。

1週間の勉強計画ではさらに使う問題集を決めることをオススメします。

扱う問題集を固定することで

・勉強する教材の迷いがなくなる
・持ち運ぶ量が減る
・7日間の軸が決まる

といったようなメリットがあります。

特に勉強を開始する際の迷いがなくなることで勉強の効率がグンと上がります。

悩む人
悩む人

今日、数学したいけどどの問題やろう…

このように悩む時間が0になるのですぐに勉強開始することができます。

また、重点を置く教科を月間の勉強計画で決めてそれに合った問題集を週ごとに固定すれば、1題に向き合う姿勢が大きく変わり、深い理解を得ることができます。

何冊も用意してそれを浅くやるよりも一冊を極めた方が学習効果は大きいので、是非参考にしてみてください!

軸となる一冊を決めてそれを元に勉強を展開しよう。

大学受験に向けた1週間の勉強計画・まとめ

今回は理系の大学受験に向けた1週間の勉強計画について解説しましたがいかがだったでしょうか。

計画を立てる際のポイントは長期計画から短期計画への落とし込みです。

年間勉強計画月間の勉強計画を立ててそれに沿った短期計画を立てることによって目標にどんどん近づいていきます。

今回紹介したポイントを参考にして、最高の勉強計画を立ててみてください!

次の月曜日に成長した自分であれるように、一週間頑張っていきましょう。

それでは皆さん、今日も一日頑張りましょう。
では、また!

入試勉強

スポンサーリンク


こーむ先生
この記事を書いた人

名古屋大学在学中のこーむと申します。
塾講師のアルバイトをしており、数多くの高校生の指導をしています。
本サイトでは、受験生時代の経験・塾講師の活動をもとに、中高生の力になる情報や日々の学習に役立つ情報をお届けしたいと思っています!

こーむ先生をフォローする
こーむ先生をフォローする
こーむ先生の自習室

コメント

タイトルとURLをコピーしました